試験範囲の改定事項(2021年度)はコチラ

社債等を利払日以外に売買した場合~端数利息の計算方法と仕訳のやり方~

社債等を利払日以外に売買した場合~端数利息の計算方法と仕訳のやり方~

社債についている利札(クーポン)を利払日に金融機関に持ち込めば利息を受け取ることができます。つまり、利息を受け取ることができるのは利払日に社債を保有している者ということになるわけです。もし利払日の1日前に社債を売却した場合、1円も利息を受け取ることができないのでしょうか?

端数利息とは?

社債を保有していると利払日には一定の利息を受け取ることができるわけですが、利払日以外に社債を売買した場合、ある問題が生じます。

端数利息とは?

例えば、社債の利払日以外の日に甲社から乙社へ社債を売却した場合、次の利払日には社債を保有している乙社が利息のすべてを受け取るので、甲社は1円も利息を受け取れないということになります。

しかし、甲社が社債を保有していた期間に対応する利息は乙社ではなく甲社が受け取るべきものです。そこで、あらかじめ社債の売買日に甲社と乙社との間で受け取るべき利息の調整を行います

端数利息のイメージ

具体的には、社債の売買日に社債自体の売買価額とは別に、直近の利払日の翌日から売買日までの日数に対応する利息を乙社が甲社に支払うことによって利息の調整を行います。

このような利息を端数利息(はすうりそく)といいます。

MEMO
端数利息を含めた価格を利付相場といい、逆に端数利息を含めない価格を裸相場といいます。

端数利息の計算方法

端数利息は次のように計算します。

社債の額面金額×年利率×経過日数/365日

端数利息の計算では次のことに注意してください。

  1. 経過日数の計算は直近の利払日の翌日から売買日までの期間で計算する。
  2. 端数利息の計算は日割計算で行う(ただし、問題の指示に別段の定めがある場合はそれに従うこと)。日数の数え方は「西(2,4)向く(6,9)侍(11)、少の月」と覚えてください。
MEMO
2月、4月、6月、9月、11月が日数の少ない月(2月は28日、その他は30日)となります。

ボキタロー

十一を縦に漢字で書くと武士の”士”の字に似ているので、サムライが「11」です。

社債等を購入した時の仕訳

社債に限らず、有価証券の売買に関する問題ではタイムテーブルをイメージし、時系列に沿って考えることが重要です。

例題1
5月15日にA社から短期売買目的で社債(額面:¥1,000,000、利率:年3.65%、利払日:9月末と3月末)を¥100につき¥97で買い入れ、代金は端数利息とともに小切手を振り出して支払った。なお、端数利息は日割りで計算すること。

次の利払日(9月末)には、当社が利息の全額(6か月分)を受け取ることになりますが、直近の利払日の翌日(4月1日)から売買日(5月15日)までの期間(45日間)はA社が保有していたわけですから、これに対応する期間の利息はA社が受け取るべきものです。

そこで、この期間に係る端数利息を社債の取得日においてA社に支払うことにより調整します。なお、端数利息は有価証券利息勘定で処理をします。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売買目的有価証券 970,000 当座預金 974,500
有価証券利息 4,500

端数利息の計算は次のとおりです。

額面金額×年利率×経過日数/365日

=¥1,000,000×3.65%×45日/365日

¥4,500

ボキタロー

経過日数は「売買日」と「利払日の翌日」の両方を含めます。これを「両端入れ」といいます。
端数利息のタイムテーブルと有価証券利息勘定

次の利払日(9月末)に当社が受け取る利息のうち、当社に帰属しない部分(A社に帰属する利息)をあらかじめマイナスしておくという意味で有価証券利息を借方に計上しておきます。

MEMO
有価証券利息勘定は収益なので借方に計上することに違和感を感じるかもしれませんが、借方残高の状態となるのは次の利払日までの一時的なものなので問題ありません。

利払日の仕訳

例題2
9月30日に上記社債の利払日となり、利息を現金で受け取った。
借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 18,250 有価証券利息 18,250

有価証券利息の計算は次のとおりです。

¥1,000,000×3.65%×6か月/12か月

¥18,250

注意
端数利息は日割計算ですが、利払日に受け取る社債の利息は月割計算です。
端数利息のタイムテーブルと有価証券利息勘定

この時点で有価証券利息勘定の金額は¥13,750(貸方残高)となり、これが取得日の翌日から利払日までの利息となります。

つまり、当社が保有していなかった期間に対応する利息¥4,500が「有価証券利息」から控除されたことになるわけです。

社債等を売却した時の仕訳

例題3
11月29日にB社に対し上記社債を額面¥100につき¥98ですべて売却し、代金は端数利息とともに現金で受け取った。

次の利払日(3月末)にはB社が利息の全額(6か月分)を受け取ることになりますが、直近の利払日の翌日(10月1日)から売却日(11月29日)までの期間(60日間)は当社が保有していたので、これに対応する期間の利息は当社が受け取るべきものです。

端数利息のタイムテーブルと有価証券利息勘定

そこで、当社に帰属する期間の端数利息を社債の売却日においてB社から受け取ることにより調整します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 986,000 売買目的有価証券 970,000
有価証券利息 6,000
有価証券売却益 10,000

端数利息は次のように計算します。

額面金額×年利率×経過日数/365日

=¥1,000,000×3.65%×60日/365日

¥6,000

なお、借方の現金勘定の計算は次のとおりです。

¥1,000,000×¥98/¥100+¥6,000(端数利息)

¥986,000

ボキタロー

有価証券売却損益の金額は貸借の差額で計算してください。