次回の日商簿記試験(第163回)は2023年2月26日です

ファイナンス・リース取引2~利子込み法による一連の仕訳~

ファイナンス・リース取引2~利子込み法による一連の仕訳~

前回の利子抜き法ではリース債務と利息相当額を分けて処理しましたが、もっと簡便な方法として、リース債務と利息相当額を分けない利子込み法という方法も認められています。

リース契約締結時の仕訳

例題1
×1年4月1日に備品をリースした。このリース契約(所有権移転外ファイナンス・リース取引)の内容は、リース期間4年、年間リース料¥5,000(毎年3月末に後払い)である。なお、この備品の見積現金購入価額は¥18,800である。利子込み法によって処理する。
リース契約締結時の仕訳(利子込み法)

通常、リース料の中には利息相当額が含まれていると考えられますが、利子込み法による場合はリース契約締結時に、この利息相当額を含んだリース料総額をもって「リース資産」および「リース債務」を計上します

借方科目金額貸方科目金額
リース資産20,000リース債務20,000

・¥5,000×4年=¥20,000

リース料支払時の仕訳

例題2
×2年3月31日、例題1における当期分のリース料を現金で支払った。
リース料支払時の仕訳(利子込み法)

利子込み法では利息相当額を含んだ金額でリース債務を計上しているため、リース料の支払額の全額をリース債務の返済に充てます

借方科目金額貸方科目金額
リース債務5,000現金5,000

決算時の仕訳

例題3
×2年3月31日、決算となったので例題1のリース物件について減価償却(間接法)を行う。

所有権移転外ファイナンス・リース取引では、耐用年数をリース期間、残存価額をゼロとして減価償却を行います。

借方科目金額貸方科目金額
減価償却費5,000リース資産減価償却累計額5,000

・リース資産¥20,000÷4年

ボキタロー
ボキタロー

金額は異なりますが、減価償却のやり方は前回の利子抜き法と同じですね。

復習問題

2級仕訳問題集part.2のQ2-31~Q2-32を解きましょう!