1. TOP
  2. 日商簿記3級無料問題集
  3. 問題5-2:未収入金と未払金の仕訳問題
日商簿記3級無料問題集

問題5-2:未収入金と未払金の仕訳問題

【難易度】★★☆☆☆
【主な論点】未収入金、未払金、有価証券の売却、販売目的での固定資産の購入

スポンサードリンク

問題

次の取引の仕訳を示しなさい。

  1. 当店が保有する有価証券(帳簿価額¥12,000)を¥10,000で甲商店に売却し、代金は月末に受け取ることにした。
  2. 1.で売却した有価証券の代金を甲商店振出しの小切手で受け取った。
  3. 当店は営業用の土地¥1,000,000を乙商店から購入し、代金のうち¥800,000は小切手を振り出して支払い、残額は月末に支払うことにした。
  4. 3.における土地の購入代金の残りを現金で支払った。
  5. 自動車販売業を営む当店は、販売目的で中古自動車を¥500,000で購入し、代金は来月末に支払うこととした。

※解答・解説はこの下にあります。











解答

答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 未収入金
有価証券売却損
10,000
2,000
有価証券 12,000
2 現金 10,000 未収入金 10,000
3 土地 1,000,000 当座預金
未払金
800,000
200,000
4 未払金 200,000 現金 200,000
5 仕入 500,000 買掛金 500,000


解説

ある取引が発生した場合に代金を現金で受け取らないで、相手を信用して後日受け取る約束をすることがあります。この後日受け取る代金のことを未収入金といいますが、この未収入金の処理の方法は販売したものによって変わってきます。

販売したもの 使用する勘定科目
代金の未収 商品を売り上げた場合 「売掛金」
商品以外の場合 「未収入金」

「売掛金」「未収入金」は、いずれも将来代金を受け取る権利(債権)を表すものなので資産となります。したがって、「未収入金」は増加すれば借方に、減少すれば貸方に記入します。


また、ある取引が発生した場合に代金を現金で支払わないで、後日支払う約束をすることがあります。この後日支払う代金のことを未払金といいますが、この未払金の処理の方法は購入したものによって変わってきます。

購入したもの 使用する勘定科目
代金の未払い 商品を仕入れた場合 「買掛金」
商品以外の場合 「未払金」

「買掛金」「未払金」は、いずれも将来代金を支払う義務(債務)を表すものなので負債となります。したがって、「未払金」は増加すれば貸方に、減少すれば借方に記入します。


なお、5.の取引では中古自動車を販売目的で購入していることから通常の商品売買となり、「買掛金」を使って処理します。典型的なひっかけ問題なので注意してください。




できなかった人は復習を!

【日商簿記3級無料講座】 スポンサードリンク
・第4章-1:株式の処理(購入・配当金の受取り・売却)
・第4章-3:固定資産の購入時の処理と減価償却費の計算
・第5章-2:未収入金と未払金


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



簿記関連書籍の売れ筋(amazon)



PAGE TOP ▲