1. TOP
  2. 日商簿記3級無料問題集
  3. 問題6-1:売上原価の計算および仕訳問題
日商簿記3級無料問題集

問題6-1:売上原価の計算および仕訳問題

【難易度】★★☆☆☆
【主な論点】売上原価の計算(①仕入勘定で計算する方法、②売上原価勘定で計算する方法)、売上原価算定のための決算整理仕訳

スポンサードリンク

問題

次の資料に基づいて、以下の各問いに答えなさい。

<資料>

(Ⅰ)決算整理前残高試算表(一部)

決算整理前残高試算表

(Ⅱ)決算整理事項

1.期末商品棚卸高 ¥130,000


(問1)仕入勘定で計算する方法によって、売上原価を求めるための仕訳を示すとともに売上原価の金額を答えなさい。

(問2)売上原価勘定で計算する方法によって、売上原価を求めるための仕訳を示しなさい。


※解答・解説はこの下にあります。











解答

問1の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入
繰越商品
120,000
130,000
繰越商品
仕入
120,000
130,000

売上原価の金額
¥1,090,000

問2の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
売上原価
売上原価
繰越商品
120,000
1,100,000
130,000
繰越商品
仕入
売上原価
120,000
1,100,000
130,000


解説

売上原価を仕入勘定で計算する方法の場合、仕入勘定の記入は次のようになります(売上原価勘定の場合でも記入は同じです)。売上原価を求める問題の場合、このような図を書いて考えていくと分かりやすいと思います。

売上原価の計算ボックス図

売上原価は、期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高で計算されるので、上のボックスの貸借差額が売上原価の金額となります。

このように、売上原価は差額の概念であるということに注意してください。




できなかった人は復習を!

【日商簿記3級無料講座】 スポンサードリンク
・第6章-1:簿記一巡の手続と決算整理
・第6章-2:売上原価の計算(仕入勘定で計算する方法)
・第6章-3:売上原価の計算(売上原価勘定で計算する方法)


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



簿記関連書籍の売れ筋(amazon)



PAGE TOP ▲