次回の日商簿記試験(第163回)は2023年2月26日です

売上の計上基準に関する問題2

問題

次の資料にもとづいて、以下の各問いに答えなさい。

【資料1】×1年度の商品の販売状況等

得意先へ発送した商品は¥500,000であり、このうち得意先に到着した商品は¥450,000、検収完了の報告を受けた商品は¥400,000であった。

【資料2】×2年度の商品の販売状況等

得意先へ発送した商品は¥800,000であり、このうち得意先に到着した商品は¥700,000、検収完了の報告を受けた商品は¥600,000であった。なお、前期に発送した商品については、すべて得意先に到着し検収が完了している。


【問1】出荷基準によって、×1年度の売上高および×2年度の売上高を答えなさい。

【問2】着荷基準によって、×1年度の売上高および×2年度の売上高を答えなさい。

【問3】検収基準によって、×1年度の売上高および×2年度の売上高を答えなさい。




解答

【問1】出荷基準

×1年度の売上高:¥500,000

×2年度の売上高:¥800,000

【問2】着荷基準

×1年度の売上高:¥450,000

×2年度の売上高:¥750,000(=×1年度分¥50,000+×2年度分¥700,000)

【問3】検収基準

×1年度の売上高:¥400,000

×2年度の売上高:¥700,000(=×1年度分¥100,000+×2年度分¥600,000)

解説

【問1】出荷基準

出荷基準とは、商品を出荷(発送)したときに売上を計上する基準です。したがって、得意先へ発送した商品の金額が売上高となります。

【問2】着荷基準

着荷基準とは、得意先に商品を引き渡した(納品した)ときに売上を計上する基準です。したがって、得意先に到着した商品の金額が売上高となります。

注意

×1年度に発送した商品のうち¥50,000(=×1年度に発送¥500,000ー×1年度に到着¥450,000)は、×2年度に到着している(×2年度の売上高になる)ことに注意してください。

【問3】検収基準

検収基準とは、得意先に納品した商品の数量や品質などの検収が完了し、その連絡を受けた時に売上を計上する基準です。したがって、検収完了の報告を受けた商品の金額が売上高となります。

注意

×1年度に発送した商品のうち¥100,000(=×1年度に発送¥500,000ー×1年度に検収完了¥400,000)は、×2年度に検収が完了している(×2年度の売上高になる)ことに注意してください。