試験範囲の改定事項(2021年度)はコチラ

現金過不足の仕訳問題1

現金過不足の仕訳問題1

問題

以下の(問1)および(問2)に答えなさい。ただし、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。

現金 未収入金 未払金 受取利息
雑益 広告宣伝費 雑損 現金過不足

(問1)次の一連の取引について仕訳しなさい。

  1. 現金の帳簿残高と実際有高を照合したところ、実際有高が¥1,200だけ超過していた。
  2. 1.の超過分のうち、¥800は受取利息の記帳漏れであることが判明した。
  3. 残額については、決算になっても原因が判明しなかった。

(問2)次の一連の取引について仕訳しなさい。

  1. 現金の帳簿残高と実際有高を照合したところ、実際有高が¥1,400だけ不足していた。
  2. 1.の不足分のうち、¥900は広告宣伝費の支払分であることが判明した。
  3. 残額については、決算になっても原因が判明しなかった。

解答

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 現金 1,200 現金過不足 1,200
2 現金過不足 800 受取利息 800
3 現金過不足 400 雑益 400

解説

現金過不足の問題では、①過不足が判明したとき、②その原因が判明したとき、③決算においても原因が判明しなかったとき、という3つのステップを意識するようにしてください。

①過不足が判明したとき

過不足が判明したときは、次の手順で帳簿残高を実際有高に修正する処理を行います。

手順1
帳簿残高を実際有高に修正する
(借)現金 1,200

(貸)

「帳簿残高<実際残高」となっているので、まず現金勘定の金額を増加させます。
手順2
現金過不足を記入
(借)現金 1,200

(貸)現金過不足 1,200

次に、借方の相手科目として「現金過不足」を反対側に記入します。

②原因が判明したとき

原因が判明したときは、次の手順で現金過不足勘定から該当する適切な科目へ振り替えます。

手順1
原因が判明した科目を記入
(借)

(貸)受取利息 800

まず、原因が判明した科目(受取利息)に金額を記入します。
手順2
現金過不足を記入
(借)現金過不足 800

(貸)受取利息 800

次に、貸方の受取利息勘定の相手科目として「現金過不足」を借方に記入します。

③決算においても原因が判明しなかったとき

決算においても原因が判明しなかったものについては、次の手順で現金過不足の残高を雑益勘定(収益)又は雑損勘定(費用)へ振り替えます。

手順1
現金過不足の残高をゼロにする
(借)現金過不足 400

(貸)

この時点で現金過不足の残高は¥400(貸方残高)なので、これをゼロにするために借方に記入します。
手順2
反対側に雑益または雑損を記入
(借)現金過不足 400

(貸)雑益 400

金額が貸方に来る場合は「雑益」(収益)、借方に来る場合は「雑損」(費用)となります。

解答

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 現金過不足 1,400 現金 1,400
2 広告宣伝費 900 現金過不足 900
3 雑損 500 現金過不足 500

解説

基本的な仕訳の手順は(問1)と同じです。

現金過不足勘定

ただし問2では「帳簿残高>実際残高」なので、現金過不足が借方残高となります。したがって決算時には原因不明分を雑損へ振り替えます。

分からなかった人は復習

【現金過不足とは】期中の仕訳から決算時の処理まで 【現金過不足とは】期中の仕訳から決算時の処理まで