現金過不足の問題2

問題

以下の資料にもとづいて、【資料3】の決算整理後残高試算表を完成させなさい。

【資料1】決算整理前残高試算表(単位:円)

【資料2】決算整理事項等

決算にあたり、現金の帳簿残高と実際有高を照合したところ、実際有高が34,000円不足していた。このうち、16,000円が通信費の記帳漏れであることが判明したが、残額については原因が不明だったので、雑損または雑益として処理する。

【資料3】決算整理後残高試算表(単位:円)




解答

解説

決算整理仕訳は次のようになります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
通信費 16,000 現金 34,000
雑損 18,000

「実際有高が34,000円不足していた」ということは帳簿残高が34,000円過剰であるということなので、まず現金の帳簿残高を34,000円減少させます。

このうち、16,000円は通信費の記帳漏れなので、これを通信費(費用)として処理し、残額の18,000円は原因不明なので雑損(費用)とします。