次回の日商簿記試験(第163回)は2023年2月26日です

現金過不足の問題1

日商簿記3級無料問題集

問題

以下の資料にもとづいて、【資料3】の決算整理後残高試算表を完成させなさい。

【資料1】決算整理前残高試算表(単位:円)

【資料2】決算整理事項等

現金過不足のうち、30,000円は得意先に対する掛代金の回収額が記帳されていなかったことが判明した。残額については原因が不明であるので、雑損または雑益に振り替える。

【資料3】決算整理後残高試算表(単位:円)




解答

解説

期中に行っている仕訳(処理済み)

期中(現金の過不足が判明した時)には次のような仕訳を行っており、この現金過不足¥50,000(貸方)が決算整理前残高試算表の金額となります。

借方科目金額貸方科目金額
現金50,000現金過不足50,000
MEMO

したがって、決算整理前残高試算表の「現金」¥640,000はすでに実際有高に修正されているので、この金額が決算整理後残高試算表の金額となります。

決算整理仕訳

決算整理仕訳は次のようになります。

借方科目金額貸方科目金額
現金過不足50,000売掛金30,000
雑益20,000

これは次の2つの仕訳に分けて考えると分かりやすいと思います。

原因が判明したもの

30,000円は売掛金の回収額(売掛金の減少)なので、これを現金過不足から売掛金に振り替えます。

借方科目金額貸方科目金額
現金過不足30,000売掛金30,000

原因が不明なもの

20,000円は原因が不明だったので、これを現金過不足から雑益に振り替えます。

借方科目金額貸方科目金額
現金過不足20,000雑益20,000
MEMO

現金過不足の相手が貸方に来るので、収益の雑益となります。

2つの仕訳を合算したものが決算整理仕訳になります。

分からなかった人は復習