試験範囲の改定事項(2021年度)はコチラ

法人税等の仕訳問題

法人税等の仕訳問題

問題

以下の各取引について仕訳しなさい。ただし、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。

現金 仮払法人税等 未払法人税等
法人税、住民税及び事業税
  1. 当期の法人税、住民税及び事業税として¥70,000を現金で中間納付した。
  2. 決算にあたり、当期純利益に対する法人税、住民税及び事業税として¥150,000を計上する。
  3. 納付期限が到来したので、法人税、住民税及び事業税の未払分を現金で支払った。

解答

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 仮払法人税等 70,000 現金 70,000
2 法人税、住民税及び事業税 150,000 仮払法人税等 70,000
未払法人税等 80,000
3 未払法人税等 80,000 現金 80,000

解説

1.について

中間納付額はあくまでも概算額に過ぎないので、この中間納付額はいったん仮払法人税等(資産)という勘定科目で処理しておきます。

2.について

法人税、住民税及び事業税を実際に納付するのは後日となるため、この時点では貸方を未払法人税等(負債)としておきます。

3.について

実際に納付したときに未払法人税等を取り崩します。

分からなかった人は復習

租税公課と法人税、住民税及び事業税 租税公課と法人税、住民税及び事業税