犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

伝票の記入問題②

日商簿記3級無料問題集7-2のアイキャッチ画像
このページの目次

問題

次の各取引について伝票へ記入しなさい。ただし、いったん全額を掛け取引とする方法と取引を分解する方法のいずれを採用しているかは取引ごとに異なる。

(1)商品¥35,000を仕入れ、代金のうち¥8,000は現金で支払い、残額は掛けとした。

伝票記入問題

(2)商品¥50,000を売り上げ、代金のうち¥20,000は同店振出しの小切手で受け取り、残額は掛けとした。

伝票記入問題

解答

伝票記入問題

解説

いったん全額を掛け取引とする方法と取引を分解する方法のいずれを採用しているかを判断するために、まず2つの方法によって仕訳を考えます。

(1)の取引

全額を掛け取引とする方法

借方科目 金額 貸方科目 金額
振替伝票 仕入 35,000 買掛金 35,000
出金伝票 買掛金 8,000 現金 8,000

取引を分解する方法

借方科目 金額 貸方科目 金額
振替伝票 仕入 27,000 買掛金 27,000
出金伝票 仕入 8,000 現金 8,000

振替伝票における金額が仕入代金の全額¥35,000となっていることから、いったん全額を掛け取引とする方法を採用していることがわかります。

(2)の取引

全額を掛け取引とする方法

借方科目 金額 貸方科目 金額
振替伝票 売掛金 50,000 売上 50,000
入金伝票 現金 20,000 売掛金 20,000

取引を分解する方法

借方科目 金額 貸方科目 金額
振替伝票 売掛金 30,000 売上 30,000
入金伝票 現金 20,000 売上 20,000

入金伝票における相手科目が「売上」となっていることから、取引を分解する方法を採用していることがわかります。

コンテンツ
このページの目次

スポンサードリンク