次回の日商簿記試験(第163回)は2023年2月26日です

簿記入門講座の練習問題5(試算表の作成問題)

問題

次の勘定記入にもとづいて、以下の各問いに答えなさい。


【問1】次の合計試算表を作成しなさい。

【問2】次の残高試算表を作成しなさい。

【問3】次の合計残高試算表を作成しなさい。




解答

解説

合計試算表は各勘定の借方と貸方の合計金額を一覧表にしたものです。

合計試算表の作成方法

現金勘定を例に説明すると、借方の合計額¥187,000を現金勘定の借方に記入し、貸方の合計額¥102,000を現金勘定の貸方に記入します。

解答

解説

残高試算表は各勘定の残高のみを一覧表にしたものです。

「借方の合計額>貸方の合計額」(借方残高)の場合は貸借の差額を借方に記入し、逆に「借方の合計額<貸方の合計額」(貸方残高)の場合は貸借の差額を貸方に記入します。

現金勘定を例に説明すると、借方の合計額は¥187,000、貸方の合計額は¥102,000なので、借方のほうが¥85,000多くなっています。この借方残高¥85,000を現金勘定の借方に記入します。

MEMO

残高試算表では、借方と貸方のどちらか一方のみに金額が表示されます。

解答

解説

合計残高試算表は各勘定の合計金額と残高の両方を一覧表にしたものです。合計試算表と残高試算表を合体させればいいだけです。

分からなかった人は復習