次回の日商簿記試験(第163回)は2023年2月26日です

商品売買の勘定記入問題

問題

次の一連の取引について、以下の各問いに答えなさい。

【資料1】解答上の注意事項

  1. 当社は、売上収益を認識する基準として出荷基準を、払出単価の決定方法として先入先出法を採用している。
  2. 当社は、商品売買の記帳方法として売上原価対立法(販売のつど売上原価勘定に振り替える方法)を採用している。
  3. 当社は、毎月末に実地棚卸を行って棚卸減耗損および商品評価損を把握している。棚卸減耗損および商品評価損はいずれも売上原価に算入する。
  4. 月次決算を行うにあたり、便宜上、各勘定を英米式決算法にもとづいて締め切っている。

【資料2】4月の商品売買取引の内容

1日前期繰越商品 数量300個 @¥500
5日仕入A商店より商品を@¥550で210個仕入れ、代金は掛けとした。
6日仕入戻し品違いにより、5日に仕入れた商品10個を返品し、掛代金から控除した。
10日売上甲商店に商品250個を@¥800で販売し、代金は掛けとした。
12日売上の検収10日に発送した商品の検収が無事完了し、商品に問題はなかったとの連絡が甲商店から入った。
15日仕入B商店より商品200個を@¥560で仕入れ、¥32,000は小切手を振り出して支払い、残額は掛けとした。
20日売上乙商店に商品300個を@¥850で販売し、送料¥1,000を加えた合計額を掛けとした。また、同時に運送業者へ商品を引き渡し、送料¥1,000は現金で支払った。
25日売掛金回収売掛金¥300,000の回収に関して、電子債権記録機関から取引銀行を通じて債権の発生記録の通知を受けた。
30日月次決算商品の当月末の実地棚卸数量は140個、正味売却価額は@¥540であった。

【問1】次の売掛金勘定および商品勘定の記入をしなさい。

【問2】当月の売上高および売上原価の金額を答えなさい




解答

【問1】の答え

【問2】の答え

当月の売上高:¥456,000

当月の売上原価:¥296,400

解説

このようなボックス図を描きながら仕訳を考えていくと分かりやすいと思います。

5日仕入

売上原価対立法なので、商品を仕入れたときは商品勘定の借方に原価で記入します。

借方科目金額貸方科目金額
商品115,500買掛金115,500

210個×@¥550=¥115,500

6日仕入戻し

仕入れたときの逆仕訳です。5日に仕入れた商品を返品したので、単価は@¥550を使います。

借方科目金額貸方科目金額
買掛金5,500商品5,500

10個×@¥550=¥5,500

10日売上

借方科目金額貸方科目金額
売掛金200,000売上200,000
売上原価125,000商品125,000

売上:250個×@¥800=¥200,000

売上原価は前期繰越の@¥500を250個払い出すので¥125,000となります

12日売上の検収

売上収益を認識する基準として出荷基準を採用しているので、出荷した時点で売上を計上しています。したがって、検収の報告を受けた時は仕訳なしとなります。

15日仕入

借方科目金額貸方科目金額
商品112,000当座預金32,000
買掛金80,000

200個×@¥560=¥112,000

20日売上

借方科目金額貸方科目金額
売掛金256,000売上256,000
売上原価163,000商品163,000
発送費1,000現金1,000

売上:300個×@¥850+送料¥1,000=¥256,000

売上原価は前期繰越の@¥500を50個、5日仕入の@¥550を200個、15日仕入の@¥560を50個払い出します。

25日売掛金回収

借方科目金額貸方科目金額
電子記録債権300,000売掛金300,000

30日月次決算

借方科目金額貸方科目金額
棚卸減耗損5,600商品5,600
商品評価損2,800商品2,800
売上原価8,400棚卸減耗損5,600
商品評価損2,800

棚卸減耗損:(150個ー140個)×@¥560=¥5,600

商品評価損:(@¥560ー@¥540)×140個=¥2,800

※「棚卸減耗損および商品評価損はいずれも売上原価に算入する」という指示があるので、売上原価勘定へ振り替える仕訳が必要となります。

【問2】当月の売上高および売上原価

売上高:¥200,000(10日)+¥256,000(20日)=¥456,000

売上原価:¥125,000(10日)+¥163,000(20日)+¥8,400(30日)=¥296,400