次回の日商簿記試験(第162回)は2022年11月20日です

収益認識基準に関する問題2(割戻)

問題

当社は以下の条件で商品A(販売価格@100円)を甲社および乙社へ販売している。そこで、【4月中の取引】の①~⑤の仕訳を答えなさい。ただし、使用する勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。

現金売掛金契約資産買掛金
契約負債返金負債未払金売上
仕入

【条件】

(1)4月中の商品Aの販売数量が甲社および乙社それぞれ500個に達した場合、1個当たり5円をリベートとして支払う。

(2)リベートによる返金は5月末に現金で支払う。

(3)4月中における甲社および乙社への販売数量はともに600個と予想している。

【4月中の取引】

①4月1日、甲社に対して商品Aを300個販売し、代金は掛けとした。

②4月5日、乙社に対して商品Aを200個販売し、代金は掛けとした。

③4月10日、先月の仕入金額が一定額を超えたため、仕入先Y社から5,000円の割戻を受け、買掛金と相殺した。

④4月20日、甲社に対して商品A300個を掛けで販売し、リベートの条件が達成された。

⑤4月30日、4月5日の販売以外に乙社に対する商品Aの販売はなく、売上割戻が適用されなかった。




解答

借方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金 30,000 売上 28,500
返金負債 1,500
売掛金 20,000 売上 19,000
返金負債 1,000
買掛金 5,000 仕入 5,000
売掛金 30,000 売上 28,500
返金負債 1,500
返金負債 3,000 未払金 3,000
返金負債 1,000 売上 1,000

解説

①と②の仕訳

収益として計上する金額(取引価格)は、変動対価などの影響を考慮して算定します。変動対価とは、顧客と約束した対価のうち、変動する可能性があるものをいい、例えば売上割戻などがあります。

割戻の適用が予想される商品を販売した場合、商品の販売代金のうち、将来返金の予定がある部分を返金負債で処理します。

MEMO

したがって収益(売上)の金額は、商品の販売代金から予定される返金額(返金負債)を控除したものとなります。

③の仕訳

仕入割戻を受けた場合は、商品を仕入れたときの逆仕訳をすればいいだけなので、特に問題ないと思います。

④の処理

リベートの条件が達成されたときは、①と④の返金負債を取り崩します。

注意

リベートによる返金は5月(来月)末に行うので、この時点では現金ではなく未払金で処理をすることに注意してください。

⑤の仕訳

乙社に対する売上割戻の条件が達成されなかったので、②の返金負債を売上へ振り替えます

MEMO

販売時には返金予定額を売上から控除していたので、返金されない場合はそれを再び売上へ戻してやるというイメージです。