次回の日商簿記試験(第161回)は2022年6月12日です

債権債務に関する仕訳問題2

問題

以下で示す各問いを答えなさい。ただし、使用する勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。

現金普通預金当座預金売掛金
電子記録債権買掛金電子記録債務債権売却損
電子記録債権売却損

【問1】次の取引の仕訳を答えなさい。

①仕入先甲社に対する買掛金50,000円の支払いのため、乙社に対する売掛金50,000円を乙社の承諾を得た上で、甲社に譲渡した。

②得意先A社に対する売掛金100,000円をA社の承諾を得た上で、B社に95,000円で譲渡し、代金は普通預金口座へ振り込まれた。


【問2】次の一連の取引について、甲社および乙社の仕訳を答えなさい。

①甲社は、乙社に対する買掛金80,000円の支払いを電子債権記録機関で行うため、取引銀行を通じて債務の発生記録を行った。

②甲社は、①の電子記録債務の代金を取引銀行の当座預金口座から乙社の取引銀行の当座預金口座に払い込んだ。


【問3】次の取引の仕訳を答えなさい。

①仕入先甲社に対する買掛金60,000円の支払いのため、所有する電子記録債権60,000円を譲渡することとし、取引銀行を通じて譲渡記録を行った。

②所有する電子記録債権100,000円を乙社に98,000円で売却し、代金は普通預金口座に振り込まれた。

③電子記録債権150,000円を割り引くために、取引銀行を通じて電子債権記録機関に当該債権の譲渡記録の請求を行い、取引銀行から割引料1,000円が差し引かれた残額が当座預金口座に振り込まれた。

解答

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 50,000 売掛金 50,000
普通預金 95,000 売掛金 100,000
債権売却損 5,000

解説

売掛金などの売上債権は、買掛金などの債務の支払いのために債務者の承諾を得た上で第三者へ譲渡することができます。この場合、これらの債権・債務を相殺させる仕訳を行います。

また、債権の現金化やリスクヘッジなどの目的のために、売掛金などの売上債権をファクタリング会社(債権の買取りや回収などを行う会社)などへ売却することがあります。

このとき、債権金額と売却金額との差額は債権売却損勘定(営業外費用)で処理します。

解答

甲社の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 80,000 電子記録債務 80,000
電子記録債務 80,000 当座預金 80,000

乙社の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
電子記録債権 80,000 売掛金 80,000
当座預金 80,000 電子記録債権 80,000

解説

単純な電子記録債権債務の発生と消滅の処理です。これは3級の学習内容となるので、分からなかった人は必ず復習しておいてください。

解答

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 60,000 電子記録債権 60,000
普通預金 98,000 電子記録債権 100,000
電子記録債権売却損 2,000
当座預金 149,000 電子記録債権 150,000
電子記録債権売却損 1,000

解説

電子記録債権は手形の裏書譲渡や割引と同様に、譲渡記録を行うことで第三者に譲渡や売却をすることができます。

債権を売却したとき(割り引いたとき)は、債権金額と売却額(手取額)との差額を電子記録債権売却損で処理します。

MEMO

電子記録債権の割引は、通常の手形の割引と同じように考えて処理すればOKです。