試験範囲の改定事項(2021年度)はコチラ

【営業外手形】商品以外のものを手形で売却(購入)した場合

【営業外手形】商品以外のものを手形で売却(購入)した場合

これまで学習してきた「受取手形」や「支払手形」という勘定科目は、実は”商品”を売買したときにしか使えません。ここでは商品以外のものを売買したときに手形を使用した場合、どのように処理するのかを見ていきましょう。

営業外手形を受け取ったときの処理

営業外手形とは?

冒頭でもふれたように「受取手形」や「支払手形」という勘定科目は、商品を売買したときにしか用いることはできません。

営業外手形とは

商品以外のものを売買したときに手形を使用した場合は、営業外受取手形勘定(資産)または営業外支払手形勘定(負債)を用いて処理します。

約束手形を受け取ったときの仕訳

例題1
営業用の土地¥80,000を¥100,000で売却し、代金は約束手形で受け取った。なお、当社は土地の売買を目的とした会社ではない。

商品以外のものを売却して約束手形を受け取ったときは営業外受取手形勘定(資産)で処理をします。

借方科目 金額 貸方科目 金額
営業外受取手形 100,000 土地 80,000
固定資産売却益 20,000

決済したときの仕訳

例題2
上記の手形が満期日となり、手形代金¥100,000を現金で受け取った。
借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 100,000 営業外受取手形 100,000

ボキタロー

営業外手形を決済したときの処理は通常の約束手形の場合と同じなので問題ないですね。

営業外手形を振り出したときの処理

例題3
営業用のパソコン¥50,000を購入し、代金は約束手形を振り出して支払った。

約束手形を振り出したときの仕訳

商品以外のものを購入して約束手形を振り出したときは営業外支払手形勘定(負債)で処理をします。

借方科目 金額 貸方科目 金額
備品 50,000 営業外支払手形 50,000

決済したときの仕訳

例題4
上記の手形が満期日となり、手形代金¥50,000を現金で支払った。
借方科目 金額 貸方科目 金額
営業外支払手形 50,000 現金 50,000