試験範囲の改定事項(2021年度)はコチラ

現金の範囲および現金過不足

現金の範囲および現金過不足

問題

決算にあたり、現金の実際有高を調べたところ、次のものが金庫に保管されていた。以下の問いに答えなさい。

【金庫に保管されていたもの】

紙幣
¥120,000
硬貨
¥5,000
送金小切手
¥20,000
郵便切手
¥6,000
収入印紙
¥9,000
他店振出の小切手
¥38,000
当店振出の小切手
¥12,000
他店振出の約束手形
¥48,000
株主配当金領収証
¥9,000
社債の利札(期限が到来したもの)
¥20,000
社債の利札(期限が到来していないもの)
¥140,000

(問)次の問1と問2の仕訳をしなさい。なお、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。

現金 当座預金 受取手形 有価証券利息
受取配当金 雑益 通信費 水道光熱費
租税公課 雑損 現金過不足

 問1

現金出納帳における現金の残高は¥220,000であった。実際有高と帳簿残高の差額について適切に処理する。

問2

決算にあたり、上記の差額の原因を調査したところ水道光熱費¥6,500の支払いが記帳されていないことが判明した。残額については調査の結果、原因が判明しなかった。

解答

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金過不足 8,000 現金 8,000

解説

【金庫に保管されていたもの】は、それぞれ次のように処理されます。

金庫に保管されていたもの 処理方法
  • 紙幣、硬貨
  • 送金小切手
  • 他店振出小切手
  • 株主配当金領収証
  • 社債の利札(期限が到来したもの)
現金勘定(資産)
郵便切手 未使用額は貯蔵品勘定(資産)
収入印紙
当店振出小切手 当座預金勘定(資産)
他店振出約束手形 受取手形勘定(資産)
MEMO
社債の利札のうち期限が到来していないものは単なる紙切れに過ぎないので帳簿上なんら処理はされません。

よって、現金の実際有高は¥212,000となります。

紙幣 ¥120,000
硬貨 ¥5,000
送金小切手 ¥20,000
他店振出の小切手 ¥38,000
株主配当金領収証 ¥9,000
社債の利札(期限が到来したもの) ¥20,000
合計 ¥212,000

あとは現金過不足の処理の基本通り、帳簿残高(¥220,000)を実際有高(¥212,000)に合わせるため現金勘定の金額を減少させます。

解答

借方科目 金額 貸方科目 金額
水道光熱費 6,500 現金過不足 8,000
雑損 1,500

解説

原因が判明したものは該当する科目へ振り替え、原因が判明しなかったものは「雑益」(貸方)または「雑損」(借方)へ振り替えます。

分からなかった人は復習

現金の基本的処理と通貨代用証券の仕訳 現金の基本的処理と通貨代用証券の仕訳 【現金過不足とは】期中の仕訳から決算時の処理まで 【現金過不足とは】期中の仕訳から決算時の処理まで