試験範囲の改定事項(2021年度)はコチラ

日商簿記2級の傾向と対策

日商簿記2級の傾向と対策

【注意】出題形式等の変更について

第158回(2021年6月実施)試験より試験時間や出題形式などが大幅に変更されます(試験範囲に変更はありません)。

したがって、このページで紹介している第157回以前の内容に関しましては参考としてご覧ください。

なお、新たな試験形式については以下のページをご覧ください。

ネット試験(CBT試験)および新試験方式(統一試験)についてネット試験(CBT試験)、新試験方式(統一試験)、試験範囲の改定等について

日商簿記2級の出題内容と配点

2級では、第1問・第2問・第3問が商業簿記からの出題、第4問と第5問が工業簿記(原価計算)からの出題となります。

問題 出題内容 配点
第1問 仕訳問題×5問 20点
第2問 帳簿や勘定記入、伝票会などの問題が中心 20点
第3問 試算表や財務諸表の作成問題、本支店合併財務諸表の作成問題など 20点
第4問 工業簿記のうち、仕訳や勘定記入など帳簿記入の問題が中心 20点
第5問 工業簿記のうち、原価計算(計算面)の問題が中心 20点

工業簿記は2級から学習を始めるので、ひねった問題はあまり無く基本的な問題が多いように見られます。したがって、時間に不安のある方は第4問と第5問から解き始めることをおすすめします。

2級では、工業簿記でいかに得点を取れるか(というよりも、いかに落とさないか)ということが合否を分ける鍵となるでしょう。

第1問の傾向と対策

第1問は3級と同じく毎年仕訳問題が5問出題されています。

仕訳問題の出題範囲は、2級の商業簿記の分野全体からからほぼ偏ることなく出題されていますので、ヤマをはるのではなく2級の出題分野の全てにおいて、しっかりと仕訳をマスターしておくことが必要です。

なお、近年においてはテキストなどで学習してきたことを基礎として受験者に「考えさせる」という問題が多く見られます。これは、「パターンで暗記してもダメだよ」という試験委員のメッセージなのでしょう。

このような問題に対応するためには、暗記ではなく「なぜこのような仕訳になるのか?」ということを考えながら学習することが大切になります。

第2問の傾向と対策

主な出題内容

実施回 主な出題内容
156回 期首の投資有価証券の明細の資料と、当期中の投資有価証券の取引資料に基づいて、満期保有目的債券とその他有価証券に関する仕訳を起こす問題
154回 商品売買および関連取引に関する資料に基づいて、総勘定元帳の売掛金勘定と商品勘定への記入および純売上高と売上原価の計算を求める問題
153回 文章中の空欄を補充する問題
152回 与えられた資料に基づいて、銀行勘定調整表を完成させ、必要な整理仕訳を行うとともに、現金勘定に計上される現金の残高について金庫内実査表を参照して、必要な整理仕訳を行うという問題
151回 問題用紙に示された取引資料にもとづいて、答案用紙の株主資本等変動計算書を完成させる問題
150回 固定資産に関する総合的な理解を問う問題(勘定記入、圧縮記帳、税効果会計、連結修正仕訳など)
149回 外貨換算会計(当期の輸入関連取引と商品販売取引にもとづいて、一部の貸借対照表科目の勘定記入を行い、損益の合計金額を求める問題)
148回 有価証券に関する一連の取引資料に基づいて、総勘定元帳の勘定記入と売却損益の計算を求める問題
147回 会社の合併(吸収合併)と子会社株式、および連結会計
146回 銀行勘定調整表

基本的な対策

上の表をご覧になると分かるとおり、第2問では2級の試験範囲全体から幅広く出題されています。

そんな中で特に注意してほしいのは勘定記入の問題です。これを読んでおられる方の中にも「仕訳はできるけど勘定記入ができない」という人がいるのではないでしょうか?

試験委員もそれは熟知しており「出題の意図と講評」においても、そのことについて何度も触れています。苦手としている人が多い分野を出題したくなるというのが出題者の心情です。なので十分に練習しておいてください。

また、帳簿記入の問題も穴になりやすいところなので注意しましょう。

なお、近年では理論的な問題も出題されることが多くなっています。このような問題に対応するためには、日常の学習においてテキストをよく読みこむことが重要になります。

第3問の傾向と対策

主な出題内容

実施回 主な出題内容
156回 連結貸借対照表を作成する問題
154回 問題用紙に示された決算整理前残高試算表、未処理事項および決算整理事項にかかわる資料に基づいて、答案用紙の損益計算書を完成させる問題
153回 連結精算表の作成
152回 2級で学習する内容、特に決算に関連する諸論点をまんべんなく理解しているかを確認するための、貸借対照表を作成させる問題
151回 連結精算表の作成
150回 決算整理前残高試算表、未処理事項および決算整理事項にかかわる資料に基づいて、貸借対照表を完成させる問題
149回 本支店会計における本店の損益勘定を完成させる問題
148回 連結精算表の作成問題(連結貸借対照表と連結損益計算書の作成)
147回 決算整理前残高試算表、未処理事項および決算整理事項にかかわる資料に基づいて、損益計算書を完成させる問題
146回 精算表の作成

基本的な対策

第3問では、精算表の作成や財務諸表の作成など決算に関する総合的な問題が中心に出題されています。また、頻度は高くないですが本支店合併財務諸表の作成問題も定期的に出題されています。

近年では連結会計に関する問題も頻出です。連結会計に関する問題は難易度も比較的高く苦手としている人も多いので、しっかりと準備してください。

総合問題は時間との勝負になってきますので、効率的に問題を解いていく必要があります。したがって試験までに自分なりの効率的な下書用紙の書き方を確立しておいてください。

なかなか時間内に問題を解けないという人は、この第3問にばかり時間を取られてほかの問題ができなくなる恐れがありますので、問題によってはこの第3問は1番最後に解くという戦略も頭に入れておいてください。

第4問の傾向と対策

主な出題内容

実施回 主な出題内容
156回 個別原価計算における、勘定記入と損益計算に関する問題
154回 個別原価計算(仕訳や勘定記入を中心とする問題)
153回 「工場会計の独立」における仕訳の問題
152回 補助部門費の製造部門への配賦に関する問題
151回 部門別計算(補助部門費の予定配賦)
150回 個別原価計算の費目別計算における仕訳の問題
149回 工業簿記の勘定連絡図の理解、財務諸表(損益計算書)の作成を問う問題
148回 個別原価計算の仕訳問題
147回 「工場会計の独立」に関する問題
146回 標準原価計算における仕訳と勘定記入(シングル・プラン)

基本的な対策

第4問は工業簿記(原価計算)からの出題となります。

第4問では主に費目別計算・個別原価計算といった工業簿記の基本的な部分からの出題が中心となりますが、まれに本社工場会計も出題されることもあります。

出題形式は仕訳問題や勘定記入といった工業簿記の基礎的なことを問う問題が多くなっています。工業簿記は計算方法の勉強に偏りがちですが、まずは工業簿記の基本をしっかりと学習しておくことが必要です。

特に仕訳に関しては丸暗記ではなく、日頃から勘定記入の流れ、各勘定同士のつながりなどを意識しながら勉強しておくと理解しやすいと思います。

第5問の傾向と対策

主な出題内容

実施回 主な出題内容
156回 直接原価計算からの出題であり、とくに全部原価計算との違いが理解できているかどうかを問う問題
154回 実際総合原価計算
153回 組別総合原価計算の結果から損益計算書の作成を問う問題
152回 標準原価計算(予算制度上の原価として標準原価が用いられていることを前提とした問題)
151回 等級別総合原価計算
150回 CVP分析と原価予測(高低点法)を組み合わせた問題
149回 累加法による工程別総合原価計算に関する問題
148回 組別総合原価計算
147回 標準原価計算を行って、仕掛品勘定(パーシャル・プラン)と損益計算書を作成する問題
146回 正常仕損を含む単純総合原価計算の問題(先入先出法)

基本的な対策

第5問も第4問と同じく工業簿記(原価計算)からの出題となります。第4問が仕訳や勘定記入などの帳簿記入に関する問題が中心なのに対して、第5問は計算面の問題が中心となっています。

第5問でも基礎が重要になってくるのはもちろんですが、ある程度計算のテクニックが必要となってきますので、練習問題をたくさん解いて問題のパターンごとの計算テクニックを身に付けてください。

また原価計算については、「なぜこのような計算をしているのか?」ということを意識しながら勉強していないと、今自分が何をやっているのかわからなくなることがあります。そうならないためにも、(①費目別計算→②部門別計算→③製品別計算)という原価計算の基本的な流れを正確に把握しておくことが大切です。