次回の日商簿記試験(第163回)は2023年2月26日です

連結初年度の処理3【連結精算表の作成】

問題

P社は×1年3月31日にS社の発行済み株式の70%を¥50,000で取得し、S社を支配した。以下に示す当期(×0年4月1日~×1年3月31日)の連結精算表を作成しなさい。なお、連結精算表の( )内の金額は貸方の金額を表している。




解答

解説

連結精算表の作成は次の手順で行います。

①まず、連結修正仕訳を考えます。

借方科目金額貸方科目金額
資本金35,000S社株式50,000
資本剰余金20,000非支配株主持分21,000
利益剰余金15,000
のれん1,000

のれん:S社株式¥50,000ー子会社の純資産(¥35,000+¥20,000+¥15,000)×親会社持分割合(70%)=¥1,000

非支配株主持分:子会社の純資産(¥35,000+¥20,000+¥15,000)×非支配株主持分割合(30%)=¥21,000

②次に、連結修正仕訳を連結精算表の「修正・消去」欄に書き写していきます。借方の金額は「借方」欄に、貸方の金額は「貸方」欄にそのまま記入していけばいいだけです。

③最後に、P社とS社の個別貸借対照表の金額を合算してうえで、「修正・消去」欄の金額を加減してから「連結財務諸表」欄にその金額を記入します。

MEMO

資産の科目は借方の金額をプラス、貸方の金額をマイナスし、負債と純資産の科目は借方の金額をマイナス、貸方の金額をプラスします。