次回の日商簿記試験(第162回)は2022年11月20日です

工業簿記の一連の流れに関する仕訳と勘定記入の問題

【工業簿記の流れ】仕訳と勘定記入の問題

問題

次に示す当期の取引について以下の問いに答えなさい。

【当期の取引】

  1. 材料の購入高:¥140,000(すべて掛けによる購入、期首材料¥30,000、期末材料¥40,000)
  2. 材料の消費高:直接材料費¥100,000、間接材料費¥30,000
  3. 賃金・給料の支払高:¥250,000(すべて現金による支払)
  4. 賃金・給料の消費高:直接労務費¥170,000、間接労務費¥80,000
  5. 経費の支払高:¥110,000(すべて現金による支払)
  6. 経費の消費高:間接経費¥110,000(直接経費は発生しなかった)
  7. 販売費及び一般管理費:¥150,000(すべて現金による支払)
  8. 製造間接費の配賦:¥?
  9. 完成品原価の振替:¥?(期首仕掛品¥60,000、期末仕掛品¥80,000)
  10. 売上原価の振替:¥?(期首製品¥76,000、期末製品¥96,000)
  11. 製品売上高:¥680,000(すべて掛けによる販売)
  12. 売上高、売上原価、販売費及び一般管理費の月次損益への振替
  13. 営業利益の年次損益への振替

【問】上の取引について仕訳を示すとともに、以下の勘定へ記入を行いなさい。なお、仕訳の勘定科目および勘定記入の[ ]に入る語句については以下の語群の中から選び数字で答えること。

①前月繰越、②次月繰越、③現金、④売掛金、⑤買掛金、⑥仕掛品、⑦製品、⑧材料、⑨賃金・給料、⑩経費、⑪製造間接費、⑫売上原価、⑬売上、⑭販売費及び一般管理費、⑮月次損益、⑯年次損益

【工業簿記の流れ】仕訳と勘定記入の問題




解答

仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 140,000 140,000
2 100,000 130,000
30,000
3 250,000 250,000
4 170,000 250,000
80,000
5 110,000 110,000
6 110,000 110,000
7 150,000 150,000
8 220,000 220,000
9 470,000 470,000
10 450,000 450,000
11 680,000 680,000
12 600,000 450,000
150,000
680,000 680,000
13 80,000 80,000

勘定記入

【工業簿記の流れ】仕訳と勘定記入の問題

解説

本問は基本的な工業簿記の一連の仕訳と勘定記入の問題です。原価の流れと勘定同士のつながりを意識してください。

注意すべき点は次のとおりです。

  • 製造直接費(直接材料費、直接労務費、直接経費)は製品に直接賦課するため、仕掛品勘定へ振り替えます。
  • 製造間接費(間接材料費、間接労務費、間接経費)はいったん製造間接費勘定へ振り替え、そこから適切な配賦基準に基づいて仕掛品勘定へ振り替えます。
  • 【取引】9.および10.の金額は、仕掛品勘定および製品勘定の貸借差額で求めます。