1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
  3. 第10章-1:標準原価計算の概要
2級工業簿記無料講座

第10章-1:標準原価計算の概要



標準原価計算とは?

企業間の競争が激化している今日において、原価をいかに削減し、質の高い製品を安く作るかということは製造業にとって重要な課題となっています。

なぜなら、原価を削減し価格を下げることによって価格競争力で他社よりも優位に立つことができますし、また価格を据え置いたとすれば、多くの利益を獲得することができるからです。

原価を削減するためには有効な原価管理が必要不可欠となりますが、このような原価管理のための原価計算の方法として標準原価計算があります。

標準原価計算では、まず会計年度のはじめに、研究や試作、過去の経験などにもとづいて原価の目標となる標準原価を算定しておきます。そして、実際に発生した原価を目標値である標準原価と比較して、どこかに無駄がなかったかということを分析し、それを次に生かしていくことで原価の削減を達成しようというのが標準原価計算です。


標準原価計算のメリット

①原価管理に役立つ

原価管理のために当期の原価を過去の実際原価と比較するという方法も考えられますが、実際原価はそのときの様々な状況によって左右される偶然的かつ事後的な原価です。そのような実際原価を目標とするのは適切とはいえません。

一方、標準原価計算では、あらかじめ研究や試作、過去の経験などにもとづいて算定された事前的な原価の目標値である標準原価を設定します。そして、この標準原価と実際に発生した原価とを比較することによって、無駄が生じた原因を把握・分析し、適切な改善を図ることができるのです。

標準原価計算のメリット

②計算および記帳の簡潔化・迅速化

標準原価計算を採用している場合、帳簿や財務諸表の数値も標準原価で計算・記帳します

すでに学習したように、実際原価計算では実際製造原価をもとに毎月、先入先出法や平均法などによって製品原価を計算する必要があります。また、帳簿への記帳はそれらの計算が終わってからでないと行えません。

しかし、標準原価計算では、あらかじめ会計年度のはじめに標準原価を算定しておきます。そして、完成品などの原価は1個当たりの標準原価に数量を掛ければ簡単に求めることができます。

このように標準原価を用いて記帳することで、計算や記帳が簡単かつ迅速に行えるのです。


標準原価計算の手続

標準原価計算の一連の手続は以下のようになります。

標準原価計算の一連の手続

①まず会計年度のはじめに、製品1個当たりの標準原価である原価標準を算定します。原価標準は「製品1個をこれで作りましょう」という原価の目標値のことです。

②当月の生産が終わると、あらかじめ算定した製品1個当たりの標準原価(原価標準)に生産量等を掛けて完成品、仕掛品および当期投入分の標準原価を計算します。

③月末には、当月において実際に発生した原価を集計します。

④標準原価と実際原価との差額で標準原価差異を計算し、分析します。

⑤会計年度末において、12か月分の標準原価差異残高を適切に会計処理します。




・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:工業簿記のアウトライン
 第1章:費目別計算
 第2章:個別原価計算①
 第3章:製造間接費の予定配賦
 第4章:個別原価計算②
 第5章:総合原価計算①
 第6章:総合原価計算②
 第7章:総合原価計算③
 第8章:総合原価計算④
 第9章:工業簿記の財務諸表
 第10章:標準原価計算
 第11章:CVP分析と直接原価計算
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲