犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

【個別原価計算とは?】その概要と製造直接費・製造間接費の意味

重要度★☆☆☆☆ 2級工業簿記無料講座第2章-1のアイキャッチ画像

個別原価計算とはその名の通り、個別に(製品ごとに)原価を計算する方法です。このページでは個別原価計算の概要を見ていくことにしましょう。

1.個別原価計算の概要

個別原価計算とは

個別原価計算とは、受注したそれぞれの製品ごとに原価を計算する方法です。

例えば、同じ製品を大量に生産するような大量生産の場合は、製品の仕様(材質や大きさなど)はどれも同じなので、基本的にどの製品も原価は同じになります。

個別原価計算とは

しかし受注生産では、顧客からの注文ごとに異なる製品を生産するため、製品ごとにその仕様は異なるのが普通です。製品の仕様が異なるということは原価も製品ごとに異なるということになります。

そのため、受注生産(オーダーメイド)を行なっている企業では、注文ごとにそれぞれの製品の原価を個別に計算する必要があるわけです。このような場合に適している原価計算の方法が個別原価計算です。

2.製造直接費と製造間接費

製造直接費とは?

製造直接費とは

製造直接費とは、どの製品に対して発生したのかが明確に分かる原価をいいます。

製造直接費のイメージ

製造直接費は特定の製品に跡づけすることができるので、その原価が発生した製品に直接負担させれば済みます。

この手続きを(直接)賦課(ふか)または直課(ちょっか)といいます。

製造間接費とは?

製造間接費とは

製造間接費とは、例えば工場の減価償却費や工場長の給料などのように、どの製品に対して発生したのかが明確にはわからない原価をいいます。

製造間接費のイメージ

製造間接費は特定の製品に跡づけすることができないので、各製品に直接賦課することはできません。そこで、一定の基準に基づいて各製品に按分します

この手続きのことを製造間接費の配賦(はいふ)といいます。

原価計算は実際に自分で問題を解いてみたほうが理解しやすいと思いますので、次のページでは個別原価計算の問題を解きながら、その解き方の手順についてより具体的に見ていくことにしましょう。

3.まとめ

まとめ
  • 個別原価計算とは受注したそれぞれの製品ごとに原価を計算する方法をいう。
  • 個別原価計算は受注生産を行っている企業に適した方法である。
  • 製造直接費とは、どの製品に対して発生したのかが明確に分かる原価をいい、その原価が発生した製品に直接賦課する。
  • 製造間接費とは、どの製品に対して発生したのかが明確にはわからない原価をいい、一定の基準に基づいて各製品に配賦する。
コンテンツ

スポンサードリンク