次回の日商簿記試験(第163回)は2023年2月26日です

固定資産の取得に関する仕訳問題

問題

以下の各取引について仕訳しなさい。ただし、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。

現金当座預金売掛金未収入金
建物備品車両運搬具土地
買掛金未払金売上仕入
修繕費 支払手数料 租税公課 

【取引】

  1. 営業用の土地50㎡を、1㎡あたり¥50,000で購入し、不動産会社への仲介手数料¥300,000および売買契約書の収入印紙代¥20,000とともに小切手を振り出して支払った。なお、収入印紙代は費用として処理すること。
  2. 営業に使用する目的でパソコン5台(@¥120,000)を購入し、代金は来月末に支払うこととした。なお、このパソコンのセッティング費用¥10,000については、現金で支払った。
  3. 営業目的で土地付き建物を¥3,000,000(土地¥2,000,000、建物¥1,000,000)で一括購入し、代金は来月末に支払うこととした。なお、売買手数料(それぞれの代金の3%)は現金で支払った。
  4. 自動車販売業を営む当社は、販売目的で中古自動車¥1,000,000を購入し、代金は来月末に支払うこととした。また、購入に伴う手数料¥50,000は現金で支払った。
  5. 先に取得していた中古建物に関し、使用できる状態にするための内装工事に¥140,000を支出したが、これをすべて修繕費として処理していたので修正する。
  6. 建物の改修工事を行い、¥530,000を小切手を振り出して支払った。このうち、¥360,000は耐用年数を延長させる改良のための支出であり、残りは定期的修繕のための支出である。




解答

借方科目金額貸方科目金額
1土地2,800,000当座預金2,820,000
租税公課20,000
2備品610,000未払金600,000
現金10,000
3土地2,060,000未払金3,000,000
建物1,030,000現金90,000
4仕入1,050,000買掛金1,000,000
現金50,000
5建物140,000修繕費140,000
6建物360,000当座預金530,000
修繕費170,000

解説

1.の解説

仲介手数料は付随費用として、土地の取得原価に含めて処理します。

購入価格+購入手数料

=50㎡×¥50,000/㎡+¥300,000

¥2,800,000


MEMO
「印紙代は費用として処理する」とあるので、租税公課を使って処理します。

2.の解説

パソコンのセッティング費用は付随費用として、備品の取得原価に含めます

購入価格+パソコンのセッティング費用

=@¥120,000×5台+¥10,000

¥610,000

注意
この備品は商品ではないので、「買掛金」ではなく「未払金」を使います。

3.の解説

土地と建物は別個の固定資産であるため、それぞれ分けて処理します。

付随費用である売買手数料は指示にあるように、土地と建物の代金の3%をそれぞれの取得原価に含めます。

・土地:¥2,000,000×3%=¥60,000
・建物:¥1,000,000×3%=¥30,000

土地の取得原価

購入代金¥2,000,000+売買手数料¥60,000

¥2,060,000

建物の取得原価

購入代金¥1,000,000+売買手数料¥30,000

¥1,030,000

4.の解説

自動車は”販売目的で”取得しているという点に注意してください。この場合は、通常の商品の仕入として処理します。また、購入に伴う手数料は付随費用として仕入原価に含めます。

MEMO
付随費用について何も指示がない場合は当社負担だと考えてください。これはほかの問題でも同様です

5.の解説

固定資産を使用できる状態にするための支出額は付随費用として取得原価に含めます。本問ではこれを修繕費として処理しているので正しく修正します。修正仕訳は以下の手順で行います。


手順1
①正しい仕訳

(借)建物 140,000

(貸)現金など 140,000


まず、正しい仕訳(あるべき仕訳)を考えます。


手順2
②誤った仕訳

(借)修繕費 140,000

(貸)現金など 140,000


次に、誤った仕訳(実際に行った仕訳)を考えます。


手順3
③誤った仕訳の逆仕訳

(借)現金など 140,000

(貸)修繕費 140,000


「②誤った仕訳」の借方と貸方を逆にした仕訳をして誤った仕訳を取り消します。


手順4
修正仕訳(①+③)

(借)建物 140,000

(貸)修繕費 140,000


「①正しい仕訳(あるべき仕訳)」と「③誤った仕訳(実際に行った仕訳)の逆仕訳」を合算したものが修正仕訳となります。


6.の解説

改良のための支出は資本的支出に該当するので建物の取得原価に含めます。また、定期的修繕のための支出は収益的支出に該当するので修繕費勘定で処理します。