次回の日商簿記試験(第162回)は2022年11月20日です

経過勘定項目に関する問題5

問題

次の資料に基づいて、以下の【保険料勘定および前払保険料勘定】の記入を行いなさい。なお、会計期間は×8年4月1日から×9年3月31日までの1年間である。

【資料】保険料はすべて建物に対するものであり、毎年12月1日に向こう1年分(毎年同額)を現金で前払いしている。決算整理前残高試算表における保険料の金額は¥60,000であった。

【保険料勘定および前払保険料勘定】




解答

解説

期首再振替仕訳

前期末において、未経過の8か月分(×8年4月1日~×8年11月30日)を次のように繰り延べています。

(借)前払保険料 8か月分(貸)保険料 8か月分

MEMO

前払保険料(前払費用)は資産の科目なので前期繰越(期首残高)は借方に生じます。

当期首には、前期末に行ったこの仕訳について再振替仕訳を行います。

借方科目 金額 貸方科目 金額
保険料 8か月分 前払保険料 8か月分

期中取引年

1年分の保険料を支払ったとき(×8年12月1日)には次のような仕訳を行います。

借方科目 金額 貸方科目 金額
保険料 12か月分 現金 12か月分

前TBの保険料¥60,000は20か月分の金額を表すので、1か月あたりの保険料は¥3,000となります。

したがって、当期支払時(12か月分)の仕訳は次のようになります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
保険料 36,000 現金 36,000
MEMO

また、当期首の再振替仕訳(8か月分)の金額は¥24,000となります。

決算整理仕訳

当期末において、前払している未経過の8か月分(×9年4月1日~×9年11月30日)を次のように繰り延べます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
前払保険料 24,000 保険料 24,000

8か月分の保険料を繰り延べることで、保険料勘定は当期に属する12か月分の金額となります。

損益振替・帳簿の締め切り

保険料は費用なので、これを損益勘定の借方に振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
損益 36,000 保険料 36,000

資産の項目である前払保険料は「次期繰越」および残高を記入して締め切ります。資産の項目は借方に差額が出るので、貸借を一致させるために「次期繰越」は貸方に記入します。

分からなかった人は復習