犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

パーシャルプランの記帳方法と損益計算書

重要度★★★★☆ 2級工業簿記無料講座第10章-6のアイキャッチ画像

このページはまだリニューアル作業が完了していません。一部で見づらい箇所があります。リニューアル作業が完了するまでもうしばらくお待ちください。

1.パーシャルプランによる一連の記帳方法

今回は「第10章-2:標準原価計算の一連の手続」の例題の計算結果を使って、パーシャルプランによる仕訳と勘定記入を見ていくことにしましょう。前回のシングルプランと見比べて、どこがどう違うのかを確認しながら学習してください。

1.完成品原価の振替え

当月完成品原価を標準原価で製品勘定へ振り替えます。これはシングルプランと同じです。

借方科目 金額 貸方科目 金額
製品 360,000 仕掛品 360,000

【勘定記入】

完成品原価の振替え

2.当月製造原価の振替え

パーシャルプランでは当月製造原価を実際原価で仕掛品勘定へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕掛品 422,700 材料 158,100
賃金 174,600
製造間接費 90,000

【勘定記入】

当月製造原価の振替え

3.標準原価差異の計上

次に月末仕掛品を標準原価で記入します。そうすると仕掛品勘定において、借方は実際原価で記入されるのに対して、貸方はすべて標準原価で記入されることになります。※ただし、月初仕掛品は前月の月末仕掛品が繰り越されてきたものなので、借方であっても標準原価となります。

この借方の実際原価と貸方の標準原価との差額が標準原価差異を意味するので、差異は仕掛品勘定で一括して把握されることとなります。したがって、差異は仕掛品勘定から標準原価差異勘定へ振り替えられることになります。

標準原価差異は不利差異(借方差異)なので、標準原価差異勘定の借方へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
標準原価差異 8,700 仕掛品 8,700

【勘定記入】

標準原価差異の計上

4.売上原価の計上

当月の売上原価を標準原価で売上原価勘定へ振り替えます。これはシングルプランと同じです。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売上原価 405,000 製品 405,000

【勘定記入】

売上原価の計上

2.標準原価計算の損益計算書

最後に標準原価計算の損益計算書について説明します。標準原価計算における損益計算書で注意すべきところは売上原価の表示です。

損益計算書の売上原価の表示は基本的に製品勘定と同じものなので、損益計算書の売上原価もすべて標準原価で表示します。そのうえで、損益計算書上において標準原価差異を調整します。

具体的には、不利差異(借方差異)は売上原価に加算し、有利差異(貸方差異)は売上原価から減算するという形で調整します。なお、標準原価差異は売上原価の内訳項目として表示します。

標準原価計算の損益計算書

※売上高:販売価格@¥1,200×販売品450個=¥540,000

※4.原価差異(原価差額)は総額のみを表示する場合もあります。

コンテンツ

スポンサードリンク