1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
  3. 第5章-1:総合原価計算の基本
2級工業簿記無料講座

第5章-1:総合原価計算の基本



総合原価計算とは?

総合原価計算が適している生産形態

これまで学習してきた個別原価計算は受注生産を行っているメーカーに適した方法と言えます。受注生産の場合、1つ1つの製品に個性があり、製品の原価も注文ごとに異なってくるので、製品(注文)ごとに原価を計算する方が都合が良いからです。

一方で、総合原価計算は規格化された標準的な製品を連続大量生産するメーカーに適した方法です。

このようなメーカーでは、同じ製品を連続して大量に製造するので、1つ1つの製品の原価を個別に計算するよりも、原価計算期間(1か月)に発生した製造原価を集計し、それを生産量で割って、完成品の単位原価(1個当たりの原価)を求めたほうが効率的なのです。

総合原価計算における製造原価の分類

総合原価計算では、製品原価を計算するにあたって製造原価を直接材料費加工費に分類します。

・直接材料費
製品の材料にかかった原価。
・加工費
製品の加工にかかった原価。直接材料費以外のすべて。
総合原価計算における製造原価の分類

原価計算期間ごとに、直接材料費と加工費を集計し、それをその期の生産量で割れば、1個当たりの製品単位原価を求めることができます。この方法を総合原価計算といいます。


基本的な総合原価計算の計算方法

例題

当工場では、A製品を生産しており、総合原価計算を採用している。次の資料より、以下の問いに答えなさい。

1.今月の生産データ

A製品 2,400個 (完成品:2,000個 月末仕掛品:400個)

(注)材料はすべて始点で投入している。また月末仕掛品の加工進捗度は80%である。

2.今月の製造原価データ

直接材料費 ¥960,000
加工費 ¥974,400
¥1,934,400

(問1)当月の完成品総合原価および月末仕掛品原価を求めなさい。

(問2)当月の完成品単位原価を求めなさい。

加工進捗度とは?

生産に着手した製品が当月中にすべて完成するとは限りません。通常の場合、一部の製品は加工の途中で月末を迎えることになります。

このような月末仕掛品があるケースでは、製造原価を完成品と月末仕掛品に按分する必要がありますが、このとき重要となるのが加工進捗度(かこうしんちょくど)という考え方です。

加工進捗度とは作業の進み具合のことを意味し、完成品を100%としたときの仕掛品の仕上がり度のことをいいます。


直接材料費の計算

直接材料費の計算と加工進捗度の関係

直接材料費については資料にあるように、すべて工程の始点で投入されています。したがって、直接材料費の計算においては加工進捗度を考慮する必要がないということになります。

例えば、折り紙を折って折鶴を製造販売している会社があるとします。直接材料費は紙代のみ、加工費は鶴を折る人の賃金のみと考えてください。

材料となる折り紙は工程の始点で投入されるので、加工進捗度が10%の仕掛品でも100%の完成品でも紙代は1枚分です。つまり、完成品も仕掛品も同じ割合で負担しなければならないということになるわけです。

例)1枚当たりの折り紙代を¥10とすると

加工進捗度 折り紙代 完成品1個に対する
負担割合
100%(完成品) ¥10(1枚分)
40% ¥10(1枚分) 1個分
80% ¥10(1枚分) 1個分

このように直接材料費については(始点投入の場合)加工進捗度を考慮する必要がないので、加工進捗度は無視してそのままの数量を使って、完成品と月末仕掛品への按分計算をしていけばいいだけなのです。

直接材料費計算のためのボックス図

完成品に含まれる直接材料費

直接材料費¥960,000÷当月投入量2,400個×完成品2,000個
= @¥400 × 2,000個
= ¥800,000

月末仕掛品に含まれる直接材料費

直接材料費¥960,000÷当月投入量2,400個×月末仕掛品400個
= @¥400 × 400個
= ¥160,000


加工費の計算

加工費の計算と加工進捗度の関係

先ほどの折鶴を製造販売している会社の例でいうと、鶴を折る人の賃金が加工費です。このような加工費は、加工が進むにつれて(加工進捗度が大きくなるにつれて)増えていくものなので、加工進捗度が40%のものと80%のものとでは負担割合が異なります。

例)工員の時給を¥1,000、完成までに1時間かかるとすると

加工進捗度 賃金 完成品1個に対する
負担割合
100%(完成品) ¥1,000(1時間分)
40% ¥400(0.4時間分) 0.4個分
80% ¥800(0.8時間分) 0.8個分

よって、加工費の計算では、月末仕掛品量に加工進捗度を掛けたもの(完成品換算量)を使って按分計算をしていきます。完成品換算量とは、完成品量でいうと何個分に相当するかというものです。例題では、月末仕掛品の加工進捗度は80%なので、400個に80%を掛けた320個が完成品換算量ということになります。

ここで注意してもらいたいのは、完成品換算量はあくまでも計算上の数字であるということです。

仕掛品は、現実には加工進捗度0%のものから100%に近いものまで工程全体に散らばって存在していますので、問題文における「加工進捗度」とは、仕掛品全体の平均的な加工進捗度を意味します。

つまり、「月末の時点で未完成品400個が加工進捗度0%から100%近くまで散らばって存在しており、その平均的な加工の進み具合が80%である」ということを意味しています。月末仕掛品のうち320個が完成したという意味ではありませんので注意してください。

なお、完成品の加工進捗度はもちろん100%なので、完成品については加工進捗度を掛けず(100%を掛けても同じなので)、そのままの数字を使って計算します。

また当月投入量は差額で計算するということにも注意してください。

加工費計算のためのボックス図

※( )内は完成品換算量を示す。

完成品に含まれる加工費

加工費¥974,400÷2,320個(完成品2,000個+月末仕掛品320個)×完成品2,000個
= @¥420 × 2,000個
= ¥840,000

月末仕掛品に含まれる加工費

加工費¥974,400÷2,320個(完成品2,000個+月末仕掛品320個)×月末仕掛品320個
= @¥420 × 320個
= ¥134,400


例題の答え

(問1)の答え

完成品総合原価とは完成品量全体の原価のことで、直接材料費と加工費の合計となります。

完成品総合原価 直接材料費 + 加工費
=¥800,000 + ¥840,000
¥1,640,000
月末仕掛品原価 直接材料費 + 加工費
=¥160,000 + ¥134,400
¥294,400

(問2)の答え

完成品単位原価は完成品1個あたりの原価なので、(問1)で求めた完成品総合原価を完成品量で割って計算します。

完成品単位原価 完成品総合原価 ÷ 完成品量
=¥1,640,000 ÷ 2,000個
@¥820

勘定記入

なお、例題の結果を仕掛品勘定および製品勘定へ記入すると次のようになります。

総合原価計算における勘定記入



・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:工業簿記のアウトライン
 第1章:費目別計算
 第2章:個別原価計算①
 第3章:製造間接費の予定配賦
 第4章:個別原価計算②
 第5章:総合原価計算①
 第6章:総合原価計算②
 第7章:総合原価計算③
 第8章:総合原価計算④
 第9章:工業簿記の財務諸表
 第10章:標準原価計算
 第11章:CVP分析と直接原価計算
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲