1. TOP
  2. 日商簿記3級無料講座
  3. 第1章-1:現金の範囲と他店振出小切手
日商簿記3級無料講座

第1章-1:現金の範囲と他店振出小切手



現金の基本的な処理方法

現金勘定は資産(貸借対照表の項目)なので、増加すれば借方、減少すれば貸方に記入します。

現金勘定

それでは例題を解いてみましょう。

例題 A商店へ商品¥100を売り上げ、代金は現金で受け取った。

ちなみに、「売上」は収益(損益計算書の項目)なので増加すれば貸方に記入です。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 100 売上 100


現金とは?

ここで質問ですが、現金とはなんでしょうか?

face01 お金のことに決まってるじゃないの。

はい。もちろん紙幣や硬貨といったいわゆる”お金”は現金です。しかし、簿記ではいわゆる”お金”以外にも通貨代用証券というものも「現金」として処理します。

face01 通貨代用証券?お金じゃないのになんで現金で処理するの?

通貨代用証券というのは、銀行に持って行くとすぐに換金してもらえます。ですから、普通のお金と同じように処理しようということになっているのです。

face01 ふーん。でも、通貨代用証券ってなんだろ?

通貨代用証券と呼ばれるものには様々なものがありますが、日商簿記試験でよく出題されるものとしては次のようなものがあります。

(1)通貨 (2)通貨代用証券
紙幣・硬貨 他人振出の小切手
②送金小切手
③郵便為替証書
④株主配当金領収証
⑤支払期限到来済の公社債利札

face01 聞いたことがないものばっかり。。。

試験上は内容まで覚える必要はありません。こういうものが出てきたら現金として処理をするということだけ知っていれば十分です。


他人振出小切手の仕訳方法

試験上、通貨代用証券の中でも特に重要性の高いのものは、他店が振り出した小切手の処理です。

例題 A商店へ商品¥100を売り上げ、代金としてA商店振出しの小切手を受け取った。

先程も言ったように、他店振出の小切手は通貨代用証券なので「現金」として処理します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 100 売上 100

face01 この仕訳って現金で商品を売り上げた場合と全く同じだね。

はい、そのとおり。なお、小切手に関しては第1章-3:当座預金の意味と当店振出小切手で詳しく説明しますので、ここでは他店が振出した小切手は現金勘定で処理するということだけ知っていれば十分です。


通貨代用証券について(参考)

先ほど通貨代用証券の内容まで知っている必要はないと言いましたが、どうしても気になって夜も眠れないという方がいるかもしれませんので、参考までに一応簡単に説明しておきます。

ただし、日商簿記試験にはあまり関係ありませんので、気になる人だけ読んでいただければ結構です。

①他人振出の小切手

第1章-3:当座預金の意味と当店振出小切手で詳しく説明しますので、そちらを参照してください。

②送金小切手

銀行が送金手段として交付する小切手。送金する側は、銀行で送金額と手数料を支払って、送金小切手を購入し相手側に渡します。相手側はこれを銀行で換金してもらいます。

③郵便為替証書

郵便局が送金手段として交付する証書。送金小切手の郵便局版だと思ってください。

④株主配当金領収証

株式会社は獲得した利益の一部を株主に対して配当金として分配します。その分配方法の1つとして、配当金領収証を交付する場合があります。この場合、株主は受け取った配当金領収証を銀行などにもっていって換金してもらいます。

⑤支払期限到来済の公社債利札

公社債とは、国や地方自治体、会社などが広く大衆からお金を集めるために発行する証券です。これを保有している人は支払期日になると一定額の利息を受け取ることができ、また償還期日には元本を受け取ることができます。

公社債には利札(りふだ)、いわゆるクーポンが沢山くっついており、これらのうち支払期日が到来したものを金融機関に持って行って換金してもらいます。

なお、期限が到来していないものはいまだ何の価値もないので、帳簿上では何の処理もしません。

支払期限到来済の公社債利札



スポンサーリンク

目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

その他

INDEX

 第1章:現金および預金
 第2章:商品売買
 第3章:手形取引
 第4章:有価証券および固定資産
 第5章:その他債権債務等
 第6章:決算手続き
 第7章:帳簿および財務諸表
 第8章:伝票式会計
PAGE TOP ▲