1. TOP
  2. 日商簿記3級無料講座
  3. 第7章-3:商品有高帳の記入方法①(先入先出法)
日商簿記3級無料講座

第7章-3:商品有高帳の記入方法①(先入先出法)



商品有高帳の意味と払出単価の計算方法

商品有高帳とは?

商品有高帳(しょうひんありだかちょう)は、商品の受入れ、払出し及び残高を詳細に記録するための帳簿です。商品有高帳を見ることで、常にその時点での在庫の状況が明らかとなるため、適切に商品の在庫管理を行うことができます。

2つの払出単価の計算方法

払出単価とは、商品を販売したときにおける当該商品の1個当たりの原価をいいます。販売単価(売価)のことではありません。

同じ商品でも仕入れた時点によって仕入原価が異なることがあるので、払出単価の計算方法(どの単価を払出単価とするか)が問題になってくるのです。

face01 そんなことしなくても、その商品を仕入れた時の原価をそのまま払出単価として使えばいいんじゃないの?

はい、実際にそういう方法も存在します。

しかし、払出しのつどその商品の仕入原価を1個づつ調べるとなると、大量の商品を扱っている会社では非常に手間がかかってしまいます。そこで、商品の払出しについて一定の仮定を置いて払出単価を計算するのです。

この払出単価の計算にはいくつかの方法がありますが、日商簿記3級では先入先出法(さきいれさきだしほう)と移動平均法(いどうへいきんほう)が出題される可能性があります。


先入先出法とは?

先入先出法の意味

先入先出法とは、古い商品(先に仕入れた商品)から順番に払い出していく(販売していく)と仮定して単価を計算する方法です。

通常は古いものから先に販売していくと考えられるので、多くの場合、先入先出法は実際のモノの流れと原価の流れが合致した方法であるといえます。

【先入先出法のイメージ】

先入先出法のイメージ

商品有高帳の基本的な記入方法と記入上の注意点

それでは例題の取引を使って、実際に商品有高帳に記入してみましょう。

例題 【×5年5月のY商品に関する取引】
・5月1日:前月繰越(10個 @¥100)
・5月10日:商品10個を@¥110で仕入れた。
・5月15日:商品12個を@¥120で販売した。
・5月20日:15日に売り渡した商品のうち、2個について@¥10の値引きを行った。
なお、当店では商品の払出単価の決定方法として先入先出法を採用している。

この取引例を先入先出法で商品有高帳に記入すると次のようになります。

先入先出法による商品有高帳

【商品有高帳の基本的な記入方法】

①前月からの繰越高は、摘要欄に「前月繰越」と記入して、受入欄および残高欄にその数量・単価・金額を記入します。

②商品を仕入れた時は、摘要欄に「仕入」と記入して、受入欄にその数量・単価・金額を記入し、仕入後の数量・単価・金額を残高欄に記入します。

③商品を販売した時は、摘要欄に「売上」と記入して、払出欄にその数量・単価・金額を原価で記入し、払出後の数量・単価・金額を残高欄に記入します。

【記入上の注意点】

・商品有高帳の記入に際しては、全て原価で記入する。したがって、商品を販売したときは売価(販売単価)ではなく、払い出した商品の原価で記入しなければならない。

・売上値引は利益の修正であって原価には影響がないので、売上値引は商品有高帳には記入しない。

・受入欄における数量および金額の合計と払出欄における数量および金額の合計は必ず一致する。


先入先出法による商品有高帳の記入方法

先入先出法による商品有高帳の記入では次のような点に注意してください。

①商品を仕入れた時は、残高欄において異なる単価ごとに別々に記入し、それらを”{”でくくります。

先入先出法による商品有高帳の記入方法①

②商品を販売したときは、払出欄において古い単価の商品から順番に異なる単価ごとに別々に記入し、それらを”{”でくくります。

例題では12個販売したので、まず古い方の商品(@¥1,000)を10個払出し、2個は次に新しい商品(@¥1,100)を払い出します。このとき、原価で記入するということに注意してください。

先入先出法による商品有高帳の記入方法②

③月末には摘要欄に「次月繰越」と記入して、直前の残高欄の数量・単価・金額をそのまま払出欄に記入します。※「前月繰越」は受入欄に記入します。

このように、先入先出法では古い商品から順番に払い出していくので、月末(期末)に残っている商品は新しいものから順に残っていくということになります。

先入先出法による商品有高帳の記入方法③

④最後に、受入欄における数量および金額の合計と払出欄における数量および金額の合計が一致していることを確認してください。

先入先出法による商品有高帳の記入方法④



スポンサーリンク

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

その他

INDEX

 第1章:現金および預金
 第2章:商品売買
 第3章:手形取引
 第4章:有価証券および固定資産
 第5章:その他債権債務等
 第6章:決算手続き
 第7章:帳簿および財務諸表
 第8章:伝票式会計
PAGE TOP ▲