1. TOP
  2. 日商簿記3級無料講座
  3. 第8章-2:3伝票制の記入方法と一部現金取引
日商簿記3級無料講座

第8章-2:3伝票制の記入方法と一部現金取引



3伝票制による伝票の記入方法

それでは実際に例題を使って、3伝票制による基本的な伝票の記入方法を見ていきましょう。

入金取引

例題 商品¥3,000を現金で売り上げた。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 3,000 売上 3,000

仕訳の借方に「現金」がある取引(現金が増加する取引)は入金伝票に記入します。入金伝票は借方に現金勘定が固定されている伝票なので、貸方の相手科目と金額だけを記入します

【入金伝票の記入例】

入金伝票の記入例

出金取引

例題 買掛金¥1,500を現金で支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 1,500 現金 1,500

貸方に「現金」がある取引(現金が減少する取引)は出金伝票に記入します。出金伝票は貸方に現金勘定が固定されている伝票なので、借方の相手科目と金額だけを記入します

【出金伝票の記入例】

出金伝票の記入例

振替取引

例題 商品¥2,000を掛けで売り上げた。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金 2,000 売上 2,000

振替取引(「現金」と関係がない取引)は振替伝票に記入します。振替伝票には仕訳全体をそのまま記入します

【振替伝票の記入例】

振替伝票の記入例

一部現金取引の記入方法


face01 教わった通り伝票を書いてみたんだけど、次みたいな取引の場合はどうやって起票したらいいの?

例題 商品¥1,000を売り上げ、¥200は現金で受け取り、残額は掛けとした。

はい。この例題の本来の仕訳は、

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金
売掛金
200
800
売上 1,000

となりますが、このように一部だけに現金収支を伴うような取引(一部現金取引)の場合、伝票への記入方法として以下の2つの方法があります。

①取引を分解する方法

この方法では、上の取引をⅰ.現金売上とⅱ.掛売上という2つの取引に分解して伝票へ記入します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
ⅰ.入金伝票へ記入 現金 200 売上 200
ⅱ.振替伝票へ記入 売掛金 800 売上 800

【伝票の記入例】

伝票の記入例(取引を分解する方法)

②取引を擬制する方法

この方法では、上の取引をⅰ.いったんすべて掛けで売り上げて、ⅱ.その後すぐに現金で¥200を回収したと考えて伝票へ記入していきます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
ⅰ.振替伝票へ記入 売掛金 1,000 売上 1,000
ⅱ.入金伝票へ記入 現金 200 売掛金 200

【伝票の記入例】

伝票の記入例(取引を擬制する方法)

いずれの方法もⅰの仕訳とⅱの仕訳を合算すると、本来の仕訳になることを最後に確認してください。

face01 なるほどね~。



・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第1章:現金および預金
 第2章:商品売買
 第3章:手形取引
 第4章:有価証券および固定資産
 第5章:その他債権債務等
 第6章:決算手続き
 第7章:帳簿および財務諸表
 第8章:伝票式会計
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲