1. TOP
  2. 2級商業簿記無料講座
  3. 第2章-3:期末商品の評価とP/L・B/Sとの関係
2級商業簿記無料講座

第2章-3:期末商品の評価とP/L・B/Sとの関係



「期末商品棚卸高」と「商品」の関係

さて今回は前回学習した内容を踏まえて、損益計算書における「期末商品棚卸高」と貸借対照表における「商品」との関係について説明していきたいと思います。

ボキタロー たしか棚卸減耗損と商品評価損は繰越商品から控除するんだったね。

はい。したがって、貸借対照表における「商品」の金額は棚卸減耗損と商品評価損を控除した後の金額であり、「@時価×実地棚卸数量」で計算されたものとなります。

一方、損益計算書における「期末商品棚卸高」の金閣は棚卸減耗損と商品評価損を控除する前の金額(帳簿棚卸高)であり、「@原価×帳簿棚卸数量」で計算されたものとなります。

つまり、棚卸減耗損や商品評価損がある場合には、損益計算書における「期末商品棚卸高」と貸借対照表における「商品」とでは、その金額が異なるということになるわけです。

この関係をボックス図および計算式で表すと次のようになります。

【ボックス図】

棚卸減耗損と商品評価損のボックス図

【計算式】

損益計算書の「期末商品棚卸高」=貸借対照表の「商品」+(棚卸減耗損+商品評価損)

もしくは、

貸借対照表の「商品」=損益計算書の「期末商品棚卸高」-(棚卸減耗損+商品評価損)

ボキタロー でもなんで、損益計算書の「期末商品棚卸高」は帳簿棚卸高の金額なの?

売上原価は本来、当期に販売した商品の原価を意味します。棚卸減耗等がない場合、「期首商品棚卸高+当期商品仕入高ー期末商品棚卸高」で計算された金額は、まさしく当期に販売した商品の原価を表します。

しかし棚卸減耗等がある場合、もしこれらを控除した金額(実地棚卸高)にもとづいて売上原価を計算すると、その金額は当期に販売した商品の原価だけでなく棚卸減耗損等が含まれたものとなってしまいます。

売上原価算定のイメージ

そこで、損益計算書においては売上原価を帳簿棚卸高にもとづいて計算し、いったん当期に販売した商品の原価を表示した上で、そこに棚卸減耗損等を加算するという形で表示するわけす。

ボキタロー う~ん。なんか分かったような分からないような。。。

それでは次に、例題を使って実際の損益計算書上の表示はどうなるのかについてみていきましょう。


損益計算書の表示方法

例題

以下の資料にもとづいて、(1)損益計算書(売上総利益まで)を作成し、(2)貸借対照表の商品の金額を答えなさい。なお、棚卸減耗損は売上原価の内訳科目として表示する。

1.売上高:¥1,500,000

2.期首商品棚卸高:¥80,000

3.当期商品仕入高:¥680,000

4.期末商品に関する資料

帳簿棚卸数量 1,000個 原    価 @¥110
実地棚卸数量 900個 正味売却価額 @¥100

解答・解説

まず、ボックス図を書いてそれぞれの金額を求めます。もちろん計算式だけで分かる人はボックス図を書く必要はありません。

棚卸減耗損と商品評価損のボックス図

・棚卸減耗損

@¥110×(1,000個-900個)=¥11,000

・商品評価損

(@¥110-@¥100)×900個=¥9,000

・損益計算書の期末商品棚卸高(帳簿棚卸高)

@¥110×1,000個=¥110,000

・貸借対照表の商品((2)の答え)

@¥100×900個=¥90,000

これらの金額をもとに損益計算書を作成していきますが、その際には以下の点に注意してください。

①期末商品棚卸高は棚卸減耗損と商品評価損を控除する前の金額(帳簿棚卸高)で表示する。

②棚卸減耗損と商品評価損は売上原価に加算する。

よって、損益計算書(売上総利益まで)は次のようになります。

損益計算書

ちなみに、売上原価の算定および期末商品に係る一連の仕訳を示すと次のとおりです。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入
繰越商品
棚卸減耗損
商品評価損
仕入
仕入
80,000
110,000
11,000
9,000
11,000
9,000
繰越商品
仕入
繰越商品
繰越商品
棚卸減耗損
商品評価損
80,000
110,000
11,000
9,000
11,000
9,000



・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:本章に入る前に
 第1章:銀行勘定調整表
 第2章:商品売買
 第3章:手形その他債権債務
 第4章:有価証券
 第5章:固定資産
 第6章:引当金
 第7章:リース取引
※作成中
 第8章:株式の発行、合併、剰余金
 第9章:税金および決算等
 第10章:本支店会計
※作成中
 第11章:外貨換算会計
※作成中
 第12章:税効果会計
※作成中
 第13章:連結会計
※作成中
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲