1. TOP
  2. 日商簿記3級無料講座
  3. 第2章-1:三分法と分記法
日商簿記3級無料講座

第2章-1:三分法と分記法

三分法と分記法はともに商品売買に関する記帳方法です。仕入勘定、売上勘定および繰越商品勘定の”3つ”を用いるから「三分法」、商品を原価部分と利益部分とに”分けて”記帳するから「分記法」です。

スポンサードリンク

三分法

商品売買の記帳方法はいくつかありますが、3級では三分法分記法が出題される可能性がありまので、この2つの方法について勉強していきます。

まず、三分法(さんぶんぽう)とは商品売買の処理について仕入勘定、売上勘定、繰越商品(くりこししょうひん)勘定の3つの勘定を用いて処理する方法です。

具体的には、商品を仕入れたときは原価で仕入勘定の借方に記入し、販売したときは売価で売上勘定の貸方に記入します。そして、決算時に売れ残っている商品の原価を繰越商品勘定へ振り替えます。

三分法とは?

それでは、三分法の処理を3段階に分けてみていきましょう。

商品を仕入れたとき

例題 商品¥1,000を仕入れ、代金は現金で支払った。

商品を仕入れたときは原価で仕入勘定の借方に記入します。仕入勘定は費用(損益計算書の項目)なので、増加(発生)すれば借方に記入します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 1,000 現金 1,000

仕入勘定

商品を販売したとき

例題 商品を¥900で販売し、代金は現金で受け取った。

商品を販売したときは売価で売上勘定の貸方に記入します。売上勘定は収益(損益計算書の項目)なので、増加(発生)すれば貸方に記入します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 900 売上 900

売上勘定

決算時

決算時には、売れ残っている商品(在庫品)の原価を繰越商品勘定へ振り替える処理をします。決算時の処理に関しては「第6章:決算手続き」で詳しく説明しますので、そちらを参照してください。


分記法

次は分記法(ぶんきほう)です。分記法は商品の原価部分と利益部分を分けて記帳していく方法です。

具体的には、商品の原価部分を商品勘定(資産)で処理し、利益部分を商品売買益勘定(収益)で処理します。

商品を仕入れたとき

例題 商品¥1,000を仕入れ、代金は現金で支払った。

三分法との違いに注目してください。

借方科目 金額 貸方科目 金額
商品 1,000 現金 1,000

face01 借方が三分法では「仕入」なのに分記法では「商品」になってる。

はい。分記法では、三分法のように「仕入」や「売上」という勘定科目は使いません。仕入れた商品の原価を商品勘定の借方に記入します。

face01 じゃあ、商品を販売した時の仕訳は?

商品を販売したとき

例題 商品(原価¥800)を¥900で販売し、代金は現金で受け取った。

商品勘定は資産なので、仕入れによって増加すれば借方に、販売によって減少すれば貸方に記入します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 900 商品
商品売買益
800
100

借方の現金勘定は売価で、貸方の商品勘定は原価です。つまり、この差額が利益となるので、これを商品売買益勘定で処理します。

商品勘定と商品売買益勘定の関係

face01 なるほど。分記法の方が感覚的にわかりやすいかも。

ただし分記法では販売に際して、その商品の原価が分かっていないと処理できません。しかし大量の商品を扱う会社では販売の都度、その商品の原価をいちいち調べるのは非常に手間がかかります。

このような理由から一般の会社では多くの場合、三分法が使われています。また、試験においても重要性が高いのは三分法であり、分記法は三分法との違いを比較するというかたちで出題されるパターンが多くなっています。




ポイントチェック!

スポンサードリンク
1.三分法とは、商品売買に関する記帳について、仕入勘定売上勘定および繰越商品勘定を用いる方法である。

2.三分法では、仕入勘定と繰越商品勘定は原価で、売上勘定は売価で記入する。

3.分記法とは、商品の売価を原価部分と利益部分とに分けて記帳する方法である。

4.分記法では、原価部分については商品勘定、利益部分については商品売買益勘定を使って処理する。


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



簿記関連書籍の売れ筋(amazon)



PAGE TOP ▲