1. TOP
  2. 日商簿記3級無料講座
  3. 第2章-2:売掛金と買掛金
日商簿記3級無料講座

第2章-2:売掛金と買掛金



掛取引の概要

掛取引とは?

掛取引(かけとりひき)とは、取引をした場合にその代金を現金で精算せず、後日まとめて精算する取引のことです。

face01 ツケみたいなこと?現金で精算したほうがわかりやすくない?

しかし毎日大量に取引が行われる場合、そのつど個別に現金や小切手で精算していたのでは事務処理が大変になります。一定期間(1ヶ月など)の取引金額をまとめて精算するほうが効率的なのです。

売掛金勘定と買掛金勘定

商品を掛けで販売した場合、得意先に対して代金を請求できる権利が発生します。簿記では、このような権利を資産として扱います。具体的には、掛取引で生じた代金を請求できる権利は売掛金勘定(資産)で処理します。

売掛金勘定

逆に、商品を掛けで仕入れた場合、仕入先に対して代金を支払う義務が発生します。簿記では、このような義務を負債として扱います。具体的には、掛取引で生じた代金を支払う義務は買掛金勘定(負債)で処理します。

買掛金勘定


掛けで商品を売買したとき

それでは、次の例題を使って、当店(ボキタロー商店)の仕訳と相手方(乙商店)の仕訳を見ていきましょう。

例題 ボキタロー商店は乙商店に対し、商品5個(@¥30)を売り上げ、代金は掛けとした。

当店(ボキタロー商店)の仕訳

先ほど説明した通り、商品を掛けで販売した場合には売掛金が増加します。売掛金勘定は資産なので、増加すれば借方に記入です。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金 150 売上 150

face01 @ってなに?メルアド?

@は単価、つまりこの場合は商品1個あたりの金額を表します。

乙商店の仕訳

乙商店側からすると、商品を掛けで仕入れたことになるので買掛金が増加します。

face01 買掛金は負債だから、増加すれば貸方に記入だね。

はい、そのとおり。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 150 買掛金 150

掛けで商品を売買したとき


掛けの代金を決済したとき

次は、後日に売掛金の代金を受け取った時(買掛金の代金を支払ったとき)の処理です。

例題 決済日となり、ボキタロー商店は乙商店から売掛金¥150を同店振出しの小切手で回収した。

当店(ボキタロー商店)の仕訳

代金を受け取ることで、代金を受け取る権利が消滅するので売掛金勘定を減少させます

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 150 売掛金 150

なお、「同店振出しの小切手」の”同店”とはこの場合、乙商店を意味します。試験ではよくこの表現が使われるので、”同店”とはどれを意味するのかを文脈から判断できるようになることが大切です。

face01 乙商店振出しの小切手を受け取ったってことだね。他店振出小切手を受け取った時は「現金」で処理だ。

乙商店の仕訳

乙商店側からすると、買掛金の代金を小切手を振り出して支払ったことになります。つまり、代金の支払義務がなくなるわけなので買掛金勘定を減少させます

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 150 当座預金 150

face01 小切手を振り出したときは「当座預金」で処理だね。前に習ったよ。

掛けの代金を決済したとき

掛けを利用した商品売買取引はごく一般的に行われています。したがって、実務上も試験上も掛取引に係る処理は基本かつ重要ですので、必ずこのページの内容を完璧に理解してから次へ進むようにしてください。




スポンサーリンク

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

その他

INDEX

 第1章:現金および預金
 第2章:商品売買
 第3章:手形取引
 第4章:有価証券および固定資産
 第5章:その他債権債務等
 第6章:決算手続き
 第7章:帳簿および財務諸表
 第8章:伝票式会計
PAGE TOP ▲