1. TOP
  2. 日商簿記3級無料講座
  3. 第3章-1:約束手形
日商簿記3級無料講座

第3章-1:約束手形

もし手形の代金を約束通り支払わなければその手形は不渡りとなり、会社の信用は失墜し会社の存続自体に関わってくるので、何としても手形代金は払わないといけません。つまり、口約束に近い掛取引に比べて商品代金の取りっぱくれが少ないということです。

スポンサードリンク

約束手形とは

約束手形とは、一定の日に一定の場所で一定の金額を支払うために取り交わされる証書です。

約束手形の場合、手形代金を支払う人(手形を振り出した人)のことを振出人(ふりだしにん)または支払人といい、この金額を支払手形勘定(負債)で処理します。

また、手形代金を受け取る人のことを名宛人(なあてにん)または受取人といい、この金額を受取手形勘定(資産)で処理します。

約束手形の処理では、①手形を振り出したとき(受け取ったとき)、および②手形を決済したときの2つが基本となります。以下の例題を使って、振出人と名宛人のそれぞれの処理を詳しく見ていきましょう。

例題 ボキタロー商店は甲商店より商品¥300を仕入れ、代金は約束手形を振り出して支払った。

手形取引のイメージ


ボキタロー商店(振出人)の仕訳

手形の振出時

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 300 支払手形 300

約束手形を振り出したときは支払手形勘定で処理します。「支払手形」は、将来手形代金を支払わなければならないという義務を表すものなので負債となります。したがって、増加すれば貸方に記入します。

支払手形勘定

手形の決済時

例題 支払期日となり、手形代金¥300を現金で支払った。

手形代金の支払期限のことを支払期日(又は満期日)と言います。支払期日に手形代金を支払ったことにより支払義務がなくなったので、その分の支払手形勘定の金額を減少させます

借方科目 金額 貸方科目 金額
支払手形 300 現金 300

face01 約束手形の処理ってもっと難しいと思ってたけど意外と簡単だね♪


甲商店(名宛人)の仕訳

手形の受取時

借方科目 金額 貸方科目 金額
受取手形 300 売上 300

約束手形を受け取ったときは受取手形勘定で処理します。「受取手形」は将来手形代金を受け取ることができる権利なので資産です。したがって、増加すれば借方に記入します。

受取手形勘定

手形の決済時

決済されたことにより手形代金を受け取る権利が消滅したので、その分だけ受取手形勘定の金額を減少させます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 300 受取手形 300

face01 約束手形の処理ってもっと難しいと思ってたけど意外と簡単だね♪(コピペ)



ポイントチェック!

スポンサードリンク
1.約束手形で商品を仕入れたときは支払手形勘定で、約束手形で商品を販売したときは受取手形勘定で処理。

2.支払手形は債務(手形の代金を支払う義務)なので、負債(貸方)の項目となる。

3.受取手形は債権(手形の代金を受け取ることができる権利)なので、資産(借方)の項目となる。


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



簿記関連書籍の売れ筋(amazon)



PAGE TOP ▲