1. TOP
  2. 日商簿記3級無料講座
  3. 第5章-4:仮払金と仮受金
日商簿記3級無料講座

第5章-4:仮払金と仮受金



仮払金・仮受金とは?

現金等を授受したが、その金額が不確定である場合または処理すべき相手勘定が未定である場合、その金額や勘定科目が分かるまで、仮払金(かりばらいきん)勘定仮受金(かりうけきん)勘定を使って処理します。

仮払金勘定や仮受金勘定はあくまでも一時的に記帳しておくための勘定科目なので、金額や処理すべき勘定科目が判明した時点で、ただちに適切な勘定へ振り替えなければなりません

なお、仮払金勘定は現金等の仮払いなので資産(貸借対照表の項目)となります。したがって、増加すれば借方、減少すれば貸方に記入します。

仮払金勘定

また、仮受金勘定は現金等の仮受けなので負債(貸借対照表の項目)となります。したがって、増加すれば貸方、減少すれば借方に記入します。

仮受金勘定


仮払金の処理

現金等を渡したとき

例題 従業員のブタ山さんに出張旅費の概算額¥10,000を現金で渡した。

この場合、現金を渡した時点では実際の旅費がいくらになるのかはまだわかりません。そこで、この金額を一時的に仮払金勘定で処理しておきます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仮払金 10,000 現金 10,000

仮払金のイメージ

金額や勘定科目が確定したとき

例題 従業員のブタ山さんが出張から戻り、旅費として¥8,000使ったとの報告を受け、残金を現金で受け取った。

金額等が確定したときに仮払金勘定から該当する科目へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
旅費交通費
現金
8,000
2,000
仮払金 10,000


仮受金の処理

現金等を受け取ったとき

例題 出張中のブタ山さんから¥5,000の当座預金口座への振込みがあったが、その内容は不明である。

この場合、当座預金口座へ振り込まれた時点では内容が不明なので、どの勘定科目で処理すべきかわかりません。そこで、この金額を一時的に仮受金勘定で処理しておきます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金 5,000 仮受金 5,000

仮受金のイメージ

金額や勘定科目が確定したとき

例題 従業員のブタ山さんが出張から戻り、先の振込みは得意先からの売掛金の回収であることが判明した。

金額等が確定したときに仮受金勘定から該当する科目へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仮受金 5,000 売掛金 5,000



スポンサーリンク

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

その他

INDEX

 第1章:現金および預金
 第2章:商品売買
 第3章:手形取引
 第4章:有価証券および固定資産
 第5章:その他債権債務等
 第6章:決算手続き
 第7章:帳簿および財務諸表
 第8章:伝票式会計
PAGE TOP ▲