1. TOP
  2. 日商簿記3級無料講座
  3. 第5章-4:仮払金と仮受金
日商簿記3級無料講座

第5章-4:仮払金と仮受金

複式簿記の場合、借方と貸方両方の勘定科目と金額がわかっていないと仕訳ができませんが、取引の発生時点でこのうちいずれかが不明であるというケースも考えられます。このような場合はどうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

仮払金・仮受金とは

現金を授受したが、その金額が不確定である場合または処理すべき相手勘定が未定である場合、その金額や勘定科目が分かるまで一時的に記帳処理しておくために、仮払金勘定や仮受金勘定が用いられます。

したがって、処理すべき勘定科目が判明した時点で、直ちに本勘定へ振り替えなければなりません。


仮払金の仕訳方法

現金を授受したとき

例題 従業員のブタ山さんに出張旅費の概算額¥10,000を現金で渡した。

この場合、現金を渡した時点では実際の旅費がいくらなのか、またどのような費目になるのかはまだわかりません。そこで、この金額を一時的に仮払金勘定で処理しておきます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仮払金 10,000 現金 10,000

仮払金とは?

金額等が確定したとき

例題 従業員のブタ山さんが出張から戻り、旅費として¥8,000使ったとの報告を受け、残金を現金で受け取った。

金額等が確定したときに仮払金勘定から該当する科目へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
旅費交通費
現金
8,000
2,000
仮払金 10,000


仮受金の仕訳方法

現金を授受したとき

例題 出張中のブタ山さんから¥5,000の当座預金口座への振込みがあったが、その内容は不明である。

この場合、当座預金口座へ振り込まれた時点では内容が不明なので、どの勘定科目で処理すべきかわかりません。そこで、この金額を一時的に仮受金勘定で処理しておきます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金 5,000 仮受金 5,000

仮受金とは?

金額等が確定したとき

例題 従業員のブタ山さんが出張から戻り、先の振込みは得意先からの売掛金の回収であることが判明した。

金額等が確定したときに仮受金勘定から該当する科目へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仮受金 5,000 売掛金 5,000



ポイントチェック!

スポンサードリンク
1.現金を授受したが、その金額が不確定である場合または処理すべき相手勘定が未定である場合は、一時的に仮払金勘定または仮受金勘定で処理しておく。

2.その後、処理すべき勘定科目等が判明した時点で、ただちに本勘定へ振り替える


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



簿記関連書籍の売れ筋(amazon)



PAGE TOP ▲