1. TOP
  2. 日商簿記3級無料講座
  3. 第7章-2:各出納帳と売上帳・仕入帳
日商簿記3級無料講座

第7章-2:各出納帳と売上帳・仕入帳



現金出納帳と当座預金出納帳の形式

試験上、現金出納帳と当座預金出納帳に関しては、その具体的な記入方法まで知っている必要はありません。何を書いてあるかが分かれば十分です。

現金出納帳

現金出納帳は現金の収入及び支出を記録する補助簿です。標準式と残高式があり、摘要欄には相手勘定科目や取引の内容を簡潔に記入します。

現金出納帳

当座預金出納帳

当座預金出納帳は当座預金の増減を詳細に記入した補助簿です。これも標準式と残高式があり、摘要欄には相手勘定科目や取引の内容を簡潔に記入します。

当座預金出納帳

小口現金出納帳の記入方法

小口現金出納帳は小口現金の使途や支払額などを記録するための帳簿です。小口現金出納帳については実際に記入させる問題が過去に出題されたことがあるので、念のために記入できるようにしておくと安心です。

※小口現金の処理については「第1章-7:小口現金の意味と仕訳方法」をご覧ください。

なお、翌月(または翌週)補給の場合と即日補給の場合とで、「合計」以下の記入方法が若干異なるので注意してください。

ⅰ.翌月補給の記入例

翌月補給の場合は、月末における小口現金の残高を翌月に繰り越してから、翌月の1日に補給額を記入します。

小口現金出納帳の記入方法(翌月補給)

受入欄 小切手を受け入れたり、補給を受けたときにその金額を記入します。
摘要欄 支払いの内容を簡潔に記入します。
内訳欄 支払金額を該当する費目別に記入します。
合計 支払金額の合計額を記入します。
次月繰越 受入額から支払額の合計を差し引いた残高を記入します。
前月繰越 次月繰越の金額をそのまま受入欄に記入します。
本日補給 補給額を記入します。なお、補給額は前月の支払金額の合計と同額となります。

ⅱ.即日補給の記入例

即日補給の場合は、合計金額の下に補給額を記入します。したがって、次月繰越と前月繰越は常に当初の受入額と同額となります。

小口現金出納帳の記入方法(即日補給)


売上帳と仕入帳の記入方法

試験上、売上帳と仕入帳に関しては記入方法よりもその記入内容から仕訳を導けるようになることが重要です。

売上帳

売上帳は、売上取引に関する内訳明細を記録する帳簿です。

摘要欄には、各取引ごとに販売先、販売条件、品名、数量、単価などを記入します。なお値引・返品について、実務上は朱記ですが試験では赤ペンが使えないので黒で記入します。

最後に一旦、値引・返品控除前の合計額を「総売上高」として記入し、その下に値引・返品の合計額を記入します。そして、「総売上高」から値引・返品を控除したものを「純売上高」として記入します。

【売上帳の記入例】

売上帳の記入例

【仕訳】

日付 借方科目 金額 貸方科目 金額
5/10 売掛金 1,000 売上 1,000
5/15 売上 20 売掛金 20

仕入帳

仕入帳は、仕入取引に関する内訳明細を記録する帳簿です。基本的な記入方法は売上帳の場合と同じです。

【仕入帳の記入例】

仕入帳の記入例

【仕訳】

日付 借方科目 金額 貸方科目 金額
5/3 仕入 800 買掛金
現金
760
40
5/9 買掛金 50 仕入 50



スポンサーリンク

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

その他

INDEX

 第1章:現金および預金
 第2章:商品売買
 第3章:手形取引
 第4章:有価証券および固定資産
 第5章:その他債権債務等
 第6章:決算手続き
 第7章:帳簿および財務諸表
 第8章:伝票式会計
PAGE TOP ▲