犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

【総合原価計算とは?】その概要と基本的な計算方法

重要度★★☆☆☆ 2級工業簿記無料講座第5章-1のアイキャッチ画像

これまで学習してきた個別原価計算は1つ1つの製品の原価を個別に計算する方法ですが、連続大量生産のような形態には不向きです。このような場合に用いられるのが総合原価計算という方法です。

1.総合原価計算の基礎知識

総合原価計算が適している生産形態

これまで学習してきた個別原価計算は受注生産を行っているメーカーに適した方法です。

個別原価計算が適している生産形態

受注生産の場合、1つ1つの製品の仕様が異なり製品の原価も注文ごとに異なってくるので、製品(注文)ごとに原価を計算する方が都合が良いからです。

しかし、規格化された標準的な製品を連続大量生産するメーカーではこのような計算方法は不向きです。なぜなら、何万個、何十万個という大量の製品の原価を1つ1つ計算するとなると膨大な手間がかかるからです。

総合原価計算が適している生産形態

大量生産の場合、製品の原価はどれも同じなので1つ1つの製品の原価を個別に計算するよりも原価計算期間(1か月)に発生した完成品原価の総額(完成品総合原価)を計算し、それを生産量で割って完成品の単位原価(1個当たりの原価)を求めたほうが効率的なのです。

このような計算方法を総合原価計算といいます。

総合原価計算における製造原価の分類

総合原価計算における製造原価の分類

総合原価計算では、製品原価を計算するにあたって製造原価を直接材料費加工費に分類します。

加工費とは製造原価のうち直接材料費以外のものをいいます。

2.総合原価計算の基本問題(月初仕掛品がないケース)

例題

当工場では、A製品を生産しており、総合原価計算を採用している。次の資料より、以下の問いに答えなさい。

1.今月の生産データ

・当月投入量:2,400個 (完成品:2,000個 月末仕掛品:400個)

(注)材料はすべて始点で投入している。また月末仕掛品の加工進捗度は80%である。

2.今月の製造原価データ

・直接材料費:¥960,000

・加工費:¥974,400

(問1)当月の完成品総合原価および月末仕掛品原価を求めなさい。

(問2)当月の完成品単位原価を求めなさい。

加工進捗度とは?

例題の設定を言葉で表すと「今月はA製品2,400個の製造に着手して、そのうち2,000個が完成し、400個が未完成である」という意味です。生産に着手した製品が当月中にすべて完成するとは限りません。通常は例題のように、一部の製品は加工の途中で月末を迎えることになります。

このような月末仕掛品があるケースでは、製造原価を完成品と月末仕掛品に按分する必要があるのですが、このとき重要となるのが加工進捗度(かこうしんちょくど)という考え方です。

加工進捗度とはいわば作業の進み具合のことで、完成品を100%としたときの仕掛品の仕上がり度のことを意味します。

3.直接材料費の計算

直接材料費の計算と加工進捗度の関係

直接材料費については資料にあるように、すべて工程の始点で投入されるので、直接材料費の計算において加工進捗度を考慮する必要はありません。

直接材料費の計算と加工進捗度の関係

例えば、折り紙を折って折鶴を製造販売している会社があるとします。直接材料費は紙代のみ、加工費は鶴を折る人の賃金のみと考えてください。材料となる折り紙は工程の始点で投入されるので、加工進捗度が50%の仕掛品でも100%の完成品でも紙代は1枚分です。

つまり、直接材料費(始点投入の場合)は完成品も仕掛品も同じ割合で負担しなければならないということになるわけです。

例)1枚当たりの紙代を¥10とすると

加工進捗度 紙代 完成品に対する負担割合
100%(完成品) ¥10(1枚分)
40%(仕掛品) ¥10(1枚分) 100%(完成品1個分)
80%(仕掛品) ¥10(1枚分) 100%(完成品1個分)

直接材料費計算のためのボックス図

直接材料費計算のためのボックス図

始点投入の直接材料費については加工進捗度を考慮する必要がないので(100%を掛けても同じなので)、加工進捗度は無視してそのままの数量を使って、完成品と月末仕掛品への按分計算をしていけばいいだけです。

完成品に含まれる直接材料費

直接材料費¥960,000÷当月投入量2,400個×完成品2,000個
=@¥400×2,000個
¥800,000

月末仕掛品に含まれる直接材料費

直接材料費¥960,000÷当月投入量2,400個×月末仕掛品400個
=@¥400×400個
¥160,000

4.加工費の計算

加工費の計算と加工進捗度の関係

先ほどの折鶴を製造販売している会社の例でいうと、鶴を折る人の賃金が加工費です。

加工費の計算と加工進捗度の関係

加工費は加工が進むにつれて(加工進捗度が大きくなるにつれて)増えていくものなので、加工進捗度によって負担割合が異なります。

例)完成までに10分かかるとすると

加工進捗度 賃金 完成品に対する負担割合
100%(完成品) ¥100(10分)
40%(仕掛品) ¥40(4分) 40%(完成品0.4個分)
80%(仕掛品) ¥80(8分) 80%(完成品0.8個分)

そこで加工費の計算では完成品換算量というものを使って按分計算をしていきます。

完成品換算量とは

完成品換算量とは、その仕掛品が完成品量の何個分に相当するかということを意味し、仕掛品量に加工進捗度を掛けて計算したものをいいます。

完成品換算量=仕掛品量×加工進捗度

加工費計算のためのボックス図

加工費計算のためのボックス図

月末仕掛品の加工進捗度は80%なので、400個に80%を掛けた320個が完成品換算量ということになります。なお、当月投入量は貸借の差額で求めます。

※( )内は完成品換算量を示す。

完成品に含まれる加工費

加工費¥974,400÷当月投入(換算量)2,320個×完成品2,000個
=@¥420×2,000個
¥840,000

月末仕掛品に含まれる加工費

加工費¥974,400÷当月投入(換算量)2,320個×月末仕掛品(換算量)320個
=@¥420×320個
¥134,400

5.例題の答え

(問1)の答え

完成品総合原価とは完成品量全体の原価のことをいいます。

完成品総合原価 直接材料費¥800,000+加工費¥840,000
¥1,640,000
月末仕掛品原価 直接材料費¥160,000+加工費¥134,400
¥294,400

(問2)の答え

完成品単位原価(完成品1単位あたりの原価)は、(問1)で求めた完成品総合原価を完成品量で割って計算します。

完成品単位原価 完成品総合原価¥1,640,000÷完成品量2,000個
@¥820
コンテンツ