1. TOP
  2. 日商簿記3級無料講座
  3. 第2章-4:値引の仕訳方法
日商簿記3級無料講座

第2章-4:値引の仕訳方法



三分法による値引の仕訳方法

次は値引の処理について説明していきます。値引とは、品質不良や破損などの理由によって、商品代金の一部を引いてもらう(または引く)ことです。

face01 返品と値引って何が違うのさ。

値引は商品が戻ってこないという点が返品との大きな違いです。

値引とは?

まずは三分法での処理からみていきましょう。

仕入側の処理(仕入値引)

例題 品質不良のため、掛けで仕入れた商品に対して¥10の値引きを受けた。

仕入値引の処理は仕入れ時の逆仕訳となります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 10 仕入 10

販売側の処理(売上値引)

例題 品質不良のため、掛けで売り上げた商品に対して¥10の値引きを行なった。

売上値引の処理も同じく販売時の逆仕訳です。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売上 10 売掛金 10

face01 なーんだ、返品の場合と同じじゃん。結局は逆仕訳でしょ?


分記法による値引の仕訳方法

次は分記法による処理です。

仕入側の処理(仕入値引)

例題 品質不良のため、掛けで仕入れた商品に対して¥10の値引きを受けた。

仕入れ時の逆仕訳です。

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 10 商品 10

販売側の処理(売上値引)

face01 もういいよ。どーせまた逆仕訳なんでしょ?

それでは、次の仕訳を行ってください。

例題 品質不良のため、掛けで売り上げた商品に対して¥10の値引きを行なった。

face01 楽勝!販売したときの逆だから・・・
(借)商   品  ???   (貸)売掛金  10
   商品売買益  ???
あれ?なんか変。原価は?

はい。このケースは販売時の逆仕訳ではありません。

はめやがったな、こいつ!

正解はこのようになります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
商品売買益 10 売掛金 10

分記法の場合、商品の原価部分を商品勘定で、また利益部分を商品売買益勘定で処理します。値引は返品と異なり商品そのもの(原価部分)は戻ってきません。従って、「商品売買益」(利益部分)から金額を控除するのです。

分記法による売上値引のイメージ

返品と値引の処理のまとめ

返品と値引の処理を表にまとめると次のようになります。

三分法 分記法
仕入戻し 仕入時及び販売時の逆仕訳 仕入時及び販売時の逆仕訳
売上戻り
仕入値引
売上値引 「商品売買益」を減少させる
(逆仕訳ではない)

つまり、分記法を採用しているときの売上値引にだけ注意して、あとはすべて仕入時および販売時の逆仕訳をすればいいだけとなります。




スポンサーリンク

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

その他

INDEX

 第1章:現金および預金
 第2章:商品売買
 第3章:手形取引
 第4章:有価証券および固定資産
 第5章:その他債権債務等
 第6章:決算手続き
 第7章:帳簿および財務諸表
 第8章:伝票式会計
PAGE TOP ▲