1. TOP
  2. 日商簿記3級無料講座
  3. 第6章-2:売上原価の計算(仕入勘定で計算する方法)
日商簿記3級無料講座

第6章-2:売上原価の計算(仕入勘定で計算する方法)

売上原価とは販売した商品の原価のことですが、販売した商品1つ1つについて原価を計算・集計していたらとてもめんどくさいですよね。どうせなら、もっと簡単に一会計期間の売上原価をまとめて計算したいものです。

スポンサードリンク

売上原価の計算方法

売上原価とは外部に販売した商品の原価のことですが、これは次の式で求めます。

売上原価 = 期首商品棚卸高 + 当期商品仕入高 - 期末商品棚卸高

まず、期首商品棚卸高とは期首に倉庫に残っていた商品の原価をいい、期末商品棚卸高とは期末に倉庫に残っている商品の原価です。

また、当期商品仕入高とは当期に仕入れた商品の原価ことで、これは純仕入高(総仕入高-値引・返品)を使うということに注意してください。

face01 でも、なんでこの式で売上原価が計算できるの?

はい。例題と図で説明します。

例題 期首商品棚卸高が¥200、当期商品仕入高が¥900、期末商品棚卸高が¥150のときの売上原価を計算せよ。

売上原価の計算方法

上図のように、売上原価は差額で計算するものであるということに注意してください。


仕入勘定で計算する方法


例題 期首商品棚卸高が¥200、当期商品仕入高が¥900、期末商品棚卸高が¥150のとき、売上原価を計算するための仕訳を示しなさい。なお、売上原価は仕入勘定を使って計算する。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入
繰越商品
200
150
繰越商品
仕入
200
150

face01 商品を仕入れてないのに、なんで「仕入」が増えたり減ったりするの?

この仕訳を2つに分けて見ていきます。まずは上の仕訳です。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 200 繰越商品 200

これは期首商品棚卸高の金額ですが、決算時点において当期の期首商品棚卸高は、まだ繰越商品勘定(資産)の借方にあります。まずはこれを仕入勘定の借方に振り替えて一旦ゼロにしてやります。

売上原価を仕入勘定で計算する場合の勘定記入1

続いて下の仕訳です。

借方科目 金額 貸方科目 金額
繰越商品 150 仕入 150

これは、期末商品棚卸高の金額を表しています。

この時点での繰越商品勘定はゼロですが、期末商品の原価を繰越商品勘定の借方に記入することによって、この金額が次期に繰り越されます(当期の期末商品棚卸高は翌期の期首商品棚卸高になる)。

さらに、売上原価を計算するために仕入勘定の貸方に記入します。これは、仕入の金額を減らすという意味ではなくて、売上原価を計算するための技術的な処理に過ぎませんので、あまり深く考えないでください。

慣れるまでは、「しいれ・くりしょう、くりしょう・しいれ」と暗記しても構いませんが、必ず仕訳の意味を理解してください。

face01 「しいれ・くりしょう、くりしょう・しいれ」、「しいれ・くりしょう、・・・

売上原価を仕入勘定で計算する場合の勘定記入2

この段階で、仕入勘定を見てみると売上原価を計算するための上記の式が成り立っていることが分かります。したがって、決算整理後の仕入勘定の金額は売上原価を表しているということになります。




ポイントチェック!

スポンサードリンク
1.以下の計算式でなぜ売上原価が計算できるのかを理解すること!
売上原価=期首商品棚卸高+当期商品(純)仕入高-期末商品棚卸高

2.慣れるまでは、「仕入・繰商、繰商・仕入」で暗記しても構いませんが、その場合でも必ず仕訳の意味を理解してください。
→このとき、繰越商品勘定および仕入勘定へどのように勘定記入されるかを考えると理解しやすいと思います。


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



簿記関連書籍の売れ筋(amazon)



PAGE TOP ▲