1. TOP
  2. 2級商業簿記無料講座
  3. 第3章-2:債務の保証(偶発債務)
2級商業簿記無料講座

第3章-2:債務の保証(偶発債務)



債務の保証・偶発債務とは

主たる債務者が債務の返済をできない場合に、その債務の返済を引き受けることを債務の保証といいます。簡単に言えば、誰かの保証人になるということです。

債務の保証は簿記上の取引ではないため、債務の保証自体に関する仕訳は行いませんが、債務の保証を行うことによって偶発債務が発生します。

例えば、当社がA社の債務を保証していた場合、もしA社が債務の返済をできなくなると当社が代わって当該債務の返済をしなければなりません。

このように現在ではいまだ現実の債務ではないが、将来一定の事実が発生した場合に現実の債務となるものを偶発債務といいます。

簿記では、このような偶発債務については帳簿上記録しなければなりません。 具体的には、「保証債務」(貸方)および「保証債務見返」(借方)という対照勘定を使って処理します。

対照勘定とは借方項目と貸方項目の2つで1セットになっているような勘定科目で、主に備忘記録をする際などに用いられます。


債務の保証の仕訳方法

①債務保証の契約時

例題 当社は、A社の債務¥1,000,000について保証人となった。

契約時に、債務の保証に関する偶発債務を対照勘定を使って備忘記録します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
保証債務見返 1,000,000 保証債務 1,000,000

※「保証債務」は”債務”と付くので負債の貸方。借方は、その相手科目なので”見返”と覚えてください。

②主たる債務者が返済したとき

例題 A社は、当社が保証人になっていた債務¥1,000,000を無事返済した。

主たる債務者が無事債務を返済した場合には、偶発債務が消滅するので備忘記録(対照勘定)を消去します。具体的には、①で行なった仕訳の逆仕訳をすればいいだけです。

借方科目 金額 貸方科目 金額
保証債務 1,000,000 保証債務見返 1,000,000

③主たる債務者が返済不能になった場合

例題 当社が保証人になっていた債務についてA社が返済できなくなったため、当社が代わって現金で返済した。

当社がA社に代わって債務を返済した場合、後にA社に対してその代金を請求することができるので、そのA社に対する債権を「未収入金」などで処理します。

また同時に、偶発債務の消滅に伴って備忘記録(対照勘定)を消去します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
未収入金
保証債務
1,000,000
1,000,000
現金
保証債務見返
1,000,000
1,000,000

※なお、「未収入金」は「貸付金」や「立替金」などで処理することもありますが、試験では指示に従ってください。




・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:本章に入る前に
 第1章:銀行勘定調整表
 第2章:商品売買
 第3章:手形取引
 第4章:売買目的有価証券および満期保有目的債券
 第5章:固定資産
 第6章:引当金
 第7章:社債
※試験範囲外のため削除
 第8章:株式の発行および剰余金
 第9章:税金および決算等
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲