1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座

2級工業簿記無料講座

主に独学者を対象とした日商簿記2級の工業簿記講座です。初めて工業簿記・原価計算を勉強する方でも理解しやすいように、図や例題などを用いて試験合格のために必要最小限の知識を効率よく習得できるよう作っています。もちろんすべて無料ですので、テキスト代わりとしてぜひご活用ください。

スポンサードリンク

第1部:実際原価計算

星印は重要度を表しています。重要度は日商簿記試験の出題頻度という観点から判断しています。

★☆☆☆☆ (低) ←   重要度   → (高) ★★★★★

第0章:工業簿記のアウトライン

  1. 工業簿記とは・・・★☆☆☆☆
  2. 原価の分類・・・★★☆☆☆
  3. 材料勘定の記入方法・・・★★★☆☆
  4. 賃金勘定と経費勘定の記入方法・・・★★★☆☆
  5. 月次決算までの流れ・・・★★★☆☆
  6. 原価計算の分類とプロセス・・・★☆☆☆☆

第1章:費目別計算

  1. 材料費の分類と材料の動き・・・★★☆☆☆
  2. 材料の購入・・・★★☆☆☆
  3. 材料費の計算①(消費価格の計算)・・・★★★☆☆
  4. 材料費の計算②(消費量の計算)・・・★★★☆☆
  5. 材料費の計算③(予定価格による計算)・・・★★★☆☆
  6. 労務費の分類・・・★★☆☆☆
  7. 労務費の計算と処理方法・・・★★★☆☆
  8. 実際賃率と予定賃率・・・★★★☆☆
  9. 経費の計算・・・★★☆☆☆

第2章:個別原価計算①

  1. 個別原価計算の意味と計算手続・・・★★☆☆☆
  2. 個別原価計算の問題の解き方・・・★★★★☆
  3. 個別原価計算の仕訳と勘定記入・・・★★★☆☆
  4. 個別原価計算における仕損の処理・・・★★★★☆
  5. 仕損の仕訳と勘定記入・・・★★★☆☆

第3章:製造間接費の予定配賦

  1. 製造間接費の予定配賦と分類・・・★★☆☆☆
  2. 高低点法による固変分解・・・★★★☆☆
  3. 公式法変動予算による予算の設定方法・・・★★★☆☆
  4. 予算差異と操業度差異・・・★★☆☆☆
  5. 公式法変動予算による差異分析の問題の解き方・・・★★★★☆
  6. 固定予算による製造間接費の差異分析・・・★★★★☆
  7. 配賦差異の会計処理と勘定記入・・・★★★☆☆

第4章:個別原価計算②

  1. 製造間接費の部門別計算とは・・・★★☆☆☆
  2. 部門費の集計(第1次集計)の計算方法・・・★★☆☆☆
  3. 補助部門費の配賦(第2次集計)・・・★★☆☆☆
  4. 直接配賦法による補助部門費の配賦・・・★★★★☆
  5. 相互配賦法による補助部門費の配賦・・・★★★☆☆
  6. 製造間接費の部門別予定配賦①・・・★★★☆☆
  7. 製造間接費の部門別予定配賦②・・・★★★☆☆

第5章:総合原価計算①

  1. 総合原価計算の基本・・・★★☆☆☆
  2. 平均法による計算方法・・・★★★★☆
  3. 先入先出法による計算方法・・・★★★★☆
  4. 総合原価計算の効率的な問題の解き方・・・★★☆☆☆

第6章:総合原価計算②

  1. 組別総合原価計算の概要・・・★★☆☆☆
  2. 組別総合原価計算の計算方法・・・★★★☆☆
  3. 等級別総合原価計算の概要・・・★★☆☆☆
  4. 等級別総合原価計算の計算方法・・・★★★☆☆

第7章:総合原価計算③

  1. 工程別総合原価計算の概要・・・★★☆☆☆
  2. 工程別総合原価計算の計算方法・・・★★★☆☆
  3. 直接材料費進捗度・・・★★☆☆☆
  4. 材料の追加投入の計算方法・・・★★★☆☆
  5. 副産物の処理方法・・・★★★☆☆

第8章:総合原価計算④

  1. 総合原価計算における仕損・減損・・・★☆☆☆☆
  2. 度外視法の計算①(平均法)・・・★★★☆☆
  3. 度外視法の計算②(先入先出法)・・・★★★☆☆
  4. 度外視法の計算③(仕損に評価額がある場合)・・・★★★☆☆

以下制作中。



第2部:標準原価計算

現在制作中。



第3部:直接原価計算

現在制作中。



少し便利な閲覧方法

工業簿記では問題の資料が多くなりがちなので、問題と解説を上下に行き来するのがめんどくさいと思った方は以下の方法をお試しください。

まず、同じページを異なる2つのタブで表示します(PCの場合、マウスの中ボタンをクリックで別タブ表示できます)。

一方のタブでは問題(資料)のところで固定しておき、もう一方のタブで説明を読んでいきます。こうすることで、タブを切り替えるだけで問題(資料)と解説を行き来できるので、ストレスが軽減できると思います。



PAGE TOP ▲